Home > 7月, 2009
2009.07.31

東京組移動中

いざ、大阪に向けて移動してます。富士のふもとのサービスエリアで水を物色するタラさん。僕はあなご天丼いただきました!


ライブ三昧の夏も後二回、気張っていきます。


ここんとこよく思うんだけど、あんまり音楽を崇高なものに思われたくないって、それ以上でも以下でもないからね。だからどんなに綺麗な曲してても、どっかはフィジカルでありたいし。全く逆で激しい曲してる時に酔い過ぎたらいけない。


まあそれも一概には言えないし、いつ変化するかわからんけどね。


090731_133006
090731_133841
雄作

2009.07.30

ニュースタイル

え〜、リクエストにお応えしまして〜大公開!

090730_145359
雄作

2009.07.30

文豪の執筆が始まってますが

あまり振り返ってばかりもいられないので、私は1歩お先に(笑)2、3日のライブ2daysがもうすぐそこまで来てます。今回も移動がシビアなので、皆気を揉んでいる所でしょうね。僕は明後日には大阪入り、そしてリハーサル開始の予定です。

3日のライブが終わると、ちょっと間があきそうな気がしますが、その間も何かちょっとしたイベントごとをしたいと思ってます。大きな動きとしては、ブログを隅から隅まで熟読されている方はお気づきかとは思いますが、10月辺りにまとまったライブしたいな〜という感じ。やりたい事があるんでね♪

HPももっと整備したいし…年末や来年の予定も考えなあかんし…何せ頭はテンヤワンヤです。鰻食べたり、あんまりクーラーつけないようにしたり、ベターな対策は色々してるんだけど、やっぱ夏はモヤモヤしますね。とりあえず、明日美容院に行ってスッキリしてきますわ!

雄作

2009.07.29

山中湖は五里霧中につき・・・ その2

7月12日、渋谷7thフロアでのライブ当日。
リハーサル中にフェスの最終決定事項が通達されました。
「出演は7月26日16:10~プレイフィールドカフェにて」
ちょうど2週間前になって、やっと告知出来たのでした。
 

出演日が予定とは異なったものの、もとより両日とも滞在することになっていたので、予定にそれほど変更はないはずでした。
しかし、執行部から新たなお達しが。
「25日は行っても意味ないので、26日に会場入りしましょう」
あれ?セッション三昧は?
「ん~、たぶんなさそうですね」
短期間で話が二転三転するのは13プロジェクトの特徴ですね。
 

しかし、ここでうれしいお知らせが。
「主催者側のご好意により、26日は宿に泊まれることになりました」
 

それに伴い移動行程にも修正が必要になりました。
その際の、タッキーと山さんの打ち合わせ。
山「25日の夜に出発しようか。会場近くのスーパー銭湯か健康ランドで休憩して、昼ごろに会場入りで」
タ「そうですね」
山「じゃあ、26日は終わり次第自由行動ということで。残りたい人は残って、帰りたい人は帰るようにしようか」
タ「え?なに言ってるんですか、山さん。せっかく宿を用意してくれるんですから、全員で泊まりましょうよ」
山「いや、それはそうやけど、次の日予定が入っている人もいてるんちゃうかなぁ?帰りたい人は帰ってもええんちゃう?」
タ「そんなアホなヤツおりませんて!全員で泊まりましょう!向こうにも人数つたえときますからね」
山「ああそう?まぁ、ええけど・・・」
 

そして後日。
申し訳なさそうに山さんへ近づくのはタラ。
タラ「あの・・・山さん。俺27日昼から予定があるんですが、一泊して東京に帰れますかねぇ・・・?」
山「ほらぁ!やっぱりそうやん。こういうことがあると思とってん!!」
タラ「すんません・・・」
山「・・・しゃあないなぁ、ほな朝イチで駅まで送りますわ」
しかし、それだとお互いがしんどいだろうということで、結局タラは終演後に現地離脱することになりました。
 

というわけで、改訂版の移動行程です。
22日:大阪集合→スタジオリハーサル
23日:神戸チキンジョージにてライブ
24日:アップルストアにてライブ→一時解散
25日夜半:出発→翌日未明休憩
26日午前中:移動→午後:会場入り→ライブ→タラ離脱→宿泊
27日午前中:出発→東京居残り組離脱→大阪組帰還
 

少しはマシになりましたでしょうか・・・。

2009.07.28

山中湖は五里霧中につき・・・ その1

09年7月25-26日にかけて行われた『Mt.FUJI Music Festival』への出演に至る紆余曲折をレポートしたいと思います。
レポーターは皆様ご存知、トラベルプランナー・ヒラオでございます。


 

Mt.FUJIミュージックフェスティバル出演決定の報を最初に聞いたのは4月ごろだったかと思います。
「詳細は不明だが出演自体は決定」
とのことでした。


しかし、待てど暮らせど続報はなく、7月25~26日かけて行われるイベントのどこかに出演する、というなんとも大雑把な情報を公開するわけにもいかず時は経ち・・・。
やっと届いた続報が
「25日15時あたりが有力」
とのことでした。
ただ、執行部から
「会場のそこかしこでセッションが行われとると思われるので、25-26日とも滞在し、セッションに参加するなり何なりしてフェスティバルを堪能しましょう」
とのお達しがあったので、どちらの日に出演が決定するにせよ、両日とも会場近辺に滞在しよう、ということになったのが7月初頭。


さて、そこで問題になってくるのが宿泊方法です。
近くに宿をとるか、それともテントをはるか、車で寝るか。。


一昨年のフジロックでの惨状を思い、宿をとりたいと申し出たのは、雄作、阿守、軍司とスタッフのタッキー。
車中泊で問題ない山さん、懐の寂しい真鍋、体さえ伸ばせればどこでも眠れる『眠りの右大臣』平尾、左記すべての要素を兼ね備えた『眠りの左大臣』タラはテントなり寝袋なりで泊まることに。


ところが7月上旬も終わりかけた頃、軍司から一本の電話が。
「5人部屋取りたいねんけど、平尾一緒に泊まる?」
との申し出があったので、私はそちらに泊まることにしました。


この時点で決まっていた移動行程は、相当ヘヴィなものでした。
22日:大阪集合→スタジオリハーサル
23日:神戸チキンジョージにてライブ
24日:アップルストアにてライブ→終了次第出発
25日未明:名古屋、社長宅にて休息→午前中に出発
25日午後:会場入り→ライブ→宿泊
26日:セッション三昧
26日夜半:移動→帰還


本当にこの行程を乗り切れるのか、不安になりました。

2009.07.27

マウントフジミュージックフェスティバル

行ってきました!富士山のふもと山中湖は「きらら」で行われたMt.Fuji Music Festival。ニューヨークからモノホンのジャズマン達が招待されて行われたイベントに僕たちシベリアンニュースペーパーも参加させていただきました。

会場に着いた瞬間に、これはヤバいなという景色!こんなロケーションでライブ出来るなんてそうそう無いですよ。

090726_102820
会場に着く前にも色々三文ドラマがあったんですが、それはまた後日「文豪、平尾正和」に執筆していただく事にします。

090726_110037
僕らのステージはプレイフィールドカフェ↑と呼ばれる場所で、ようは屋台等が並んでいる芝生の中にあるバーみたいな感じです。荷物を置いた後はいつも通り散り散りになり、昼寝する人も居れば、ステージを見に行ったメンバーも居れば…

2009072613240001
完全に景色を満喫している人も居ます(笑)最初は昼寝してたんですけど、阿守さんのギター聴いてたら弾きたくなっちゃって、真っ昼間からこの有様です。この時にたまたま今からメインステージで演奏するエドが通りがかって話をしてくれたのもあって、彼の出演するステージを見に行きました。僕らの出演時間も近かったんだけど、エドやドラムのヴィクター・ルイスの演奏に完全にノックアウトされて最後まで見ちゃいました、良かったよ〜♪

プレイフィールドに戻ったら、もう準備して良いとの事だったので早速楽器をセッティング。僕以上に完全にノックアウトされていた真鍋さんはその時点からステージ上でギターを弾き始め、結局本番終わるまで弾きっぱなしだったんちゃうかな。ステージ担当の方のご好意で2ステージ分演奏してOKです、という有り難いお言葉をいただき、いよいよライブ開始。この日も先日のアップルストアみたいにリハーサルと本番の区別が無い様な、自由なライブが出来ました。だんだんとお客さんも集まってくれて、メンバー達のテンションも上がりっぱなしでしたね。ジャズフェスティバルに僕達がどう溶け込んでいくのか楽しみだったんだけど、演奏場所の雰囲気も相成ってSIBERIAN NEWSPAPERの攻撃的なジプシーサウンドが会場中に響き渡ったのかと思うと、今思い返してもニヤケます。以下、当日のセットリストなり。

1.slovenian morning
2.spring no.001
3.pluto lemonsky
4.miss silence
5.spring no.002
6.summer no.001
7.good burning o’silk
8.whalerider
9.ma fiancee aux gants vert
10.words robbin talks are
11.ボクの村は戦場だった
12.perpetuum mobile
13.spring no.001[minor swing]

次は大阪はアジア太平洋フェス、東京は残念ながら売り切れていまいましたがJ’zBratでの新星堂60周年記念ライブ、まだまだイベントが続きますね。僕も明々後日にはまた大阪出発です!今年は旅の夏になりました。

雄作

2009.07.25

モバイルサイト

以前から作ろうとは思っていたモバイル専用サイトが完成しました!ブログも今までより素早く見られると思いますので、是非是非ご利用下さいませ☆

トップページより「mobile」を選択するとモバイルサイトに行けます。

http://www.siberian-newspaper.com/

雄作

2009.07.24

チキン→アップル

090724_201840昨日のチキンジョージ、そして今日のアップルストアと2daysが終わりました。僕としてはすっごい2回のライブが対照的だったな、どっちも面白かったし、楽しかったんだけど。チキンでライブをする時は、色んな想いがあってつい力が入ってしまう(笑)そんな僕たちをロックにさせてくれる所。逆に今日はリハーサルが間に合わなくて着替える時間もなかったせいで、皆ほとんど私服で演奏したのだけど、そのフリーな感じが際立ってて良かったよね☆ホントはもっと長い時間演奏したかったけど、それはまたの機会に!

10月14日、チキンジョージでワンマンライブします。内容は「シベリアンニュースペーパー・エレクトリカル・イディオッツ 勝」1stアルバム ASIATIC SPYの曲を全曲エレクトリックバージョンでセルフカバーしてしまおうという、暴挙とも言えるライブです。ここまで無茶苦茶な感じも久しぶりだから、今からウズウズしてますよ。エレクトリック・シベリアンに会いたいかい?

雄作

2009.07.23

ライブウィーク

始まりましたライブウィーク!!

今日はお昼に大阪に乗り込んで、阿守さんとタッキーとちょっとした下見に出かけ、帰り道に何故か珍しく寿司を食べ、夕方からはリハーサル。こんな感じでいっつも滞在中の日々は一瞬にして過ぎてしまうのです、やっぱり濃ゆいシベリアン。リハは夏場用になんかわいわいした曲がしたいな~と民族音楽を物色したり、明日の曲順を確認したり、いつも通りの雰囲気。でも日を追う毎にイベントのセッションを考えたり、ヴィヴァルディもゴーリーもあって、演目が増えていくのは良いことですね。みんな覚えるの大変そうだけど(笑)そろそろ新曲もやりたいよね~…もうちょっと待って!!もうちょっとね。

やることもやりたいこともいっぱいあるわ~♪

雄作

2009.07.22

アジア、ルーマニア、セルビア

昨日は無性にタイ料理が食べたくなってランチにタイ料理の店に行ってきた、夏はやっぱりパンチの効いた味が欲しくなるんですね。パンチが効いてると言えば、最近僕の気になるヴァイオリニストはルーマニアのフロリンさんとセルビアのライコーさんかな。二人ともめちゃパンチ効いてます。

夏はパンチだね!明後日から、ウッドストックのレイジアゲインストザマシーンみたいなパンチの効いたライブお届けしますよ。

雄作

Next »