Home > 8月, 2010
2010.08.21

悲しいです。



どうも皆さん今晩は、土曜日山本です。

まだまだ暑い日が続きますね、皆様もお体に気をつけて下さいマシ。

さて、僕はついこの間京都に行って来ました、目的は・・・史跡巡りです。前々日よりネットで見たい物を検索し、住所調べ、お線香用意して、タオル用意して行って来ました。

京都は古から都であり騒乱の舞台としてこの日本で人々と共に歩んできた都です、少し歩けば何かしらの史跡に当たるとも言われてます。

他には勿論平安時代からのお寺や天皇家ゆかりの場所、また鎌倉時代以降栄えた禅寺など様々な神社仏閣、史跡群が古の都京都に存在します。

1つ1つ回ると何日かかるか全く想像つかないですね、そうそう忘れてはいけないのは「幕末」に関する史跡群。

この京都は幕末騒乱の舞台となった町であり薩摩、長州、会津、土佐などなど各藩が攘夷や将軍だの活動してました、もちろんその史跡がとても多く残ってます。

今回は「光縁寺」の事について書かせて頂きます。

さてこの「光縁寺」とは?ここには「新撰組」の浪士達のお墓があります。

当寺の門前近くに新撰組の馬小屋があり、毎日門前を隊士達が往来していました。当寺の住職「良誉上人」と「山南 啓介」との間に親交がありその山南さんの紹介で屯所で切腹した隊士達を、そして当の本人の「山南 啓介」自身が「良誉上人」に弔われ、埋葬されることになったんです。

そうです、写真は新撰組副長「山南 啓介」のお墓であります。

僕は新撰組の中では沖田さんや、土方さんよりこの「山南」さんが好きなんです。1度はお墓にお参りしたいと思っていました。

僕は訳あって2年ばかしプライベートでは京都には行ってなかったんです。行くと何か・・・まぁ機会があればまたお話します。

で、ですよ、その山南さんのお墓を見ればわかると思いますが各部が破損しているのが見受けられますよね、これは自然に壊れたものではなく、昔大河で新撰組を放送した時、ミーハーな心無い人たちが削って持って帰ったらしいのです。当時人気の高かった沖田さんのお墓はもっと酷いみたいです。

なんと悲しいんでしょう、人間とは何でしょう、個人の欲を満たすためには死者も冒瀆するんですね。

僕は墓前で本当に悲しくなってきました。付け焼刃のミーハーが1番恐いです。

人間こうはなりたくないもんですね。

後1つ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・後数時間で・・・・・・・・・・・・・・・・3〇歳になります・・・・・・・・・・・・・・・・これも・・・・・・・・・・・・いや!これからです!頑張ります!!!!!!!!!

ではまた来週!!

                  山本

2010.08.20

メール

先日アメリカの友人から一通のメールが来た。
「カズ(僕はsiberianの関係者以外からはこう呼ばれています)見てくれ!彼に会ったんだ!」
そこには一枚の写真があった。彼の隣には彼がずっと憧れていたギタリストがいた。友人は高校の音楽の先生をしながらバンドもしている。生徒達をつれてそのギタリストのライブに行ったところ「たくさんつれて来てくれてありがとう」と声をかけられそこから話が止まらなかったらしい。
メールの最後にこんな一文があった。
「音楽をずっと続けていたらきっと大統領にだって会える」
なんて素敵な文章だろうと思った。何回も何回も読み返した。そういえば僕が彼に最初に会ったのは10年前にアメリカに留学してた頃Guitar Centerという楽器屋でDream Theaterというバンドのフレーズを弾いていたら、いきなりその辺にいた客に「そのバンド好きか?」と聞かれたので「神様だ!」と答えたら、大笑いした後に「来週飯食いにこい!」と言われた。 まだほとんど英語のしゃべれないアジア人を飯に誘うなんて。。。次の週にルームメイトといっしょに飯を食べにいった。そこで食べた奥さんのマッシュトポテトは世界一おいしかった。おかわりを何回も頼むと作り過ぎてた分をパックに入れて持って帰るように言われた。そこから彼は英語を教えてくれたり、アメリカの生活のコツみたいな事を帰国するまで教えてくれた。彼は本当に凄い人だと出会った頃の彼の年齢に僕がなって初めて気付いた。同じ事が今の僕にできるだろうか?
僕は本当に彼の生き方が好きだ。できるだけ僕にしてくれたような事を他人にできれば思う。彼とは年に一回ぐらい国際電話で近況を話すぐらいだが、僕がこんな事で悩んでるなどいうと、いつも柔らかい言葉と笑いで吹き飛ばしてくれた。ただ未だに日本には侍がいると思ってる事はまだ訂正してない。


軍司

2010.08.19

ブルーレイ持ってますか?

ちょっと前ですが、シャーロ・クホームズ(ロバート・D・Jr.のヤツ)のDVD借りましてん。
TVCM見て気にはなってたし、たしかタッキーもおすすめしてたので。
あ、もちろん文句なしに面白かったですよ。
なんというか、久々に良いハリウッド映画を見ました。

我が家はちょっと前から地デジ化してます。
つまり、普段見てるテレビがHD画質なんですね。
慣れというのは恐ろしいものです。
私はそこまで画質にこだわるタチではありません。
しかし、普段みているテレビより画質が粗いわけですから、どうしても気になるんですね。

で、先日ブルーレイ版借りてみました。
やっぱちゃいまんなぁ。
画質はもちろんなんですが、音の方が凄いです。
ブルーレイでもDVDでも値段は変わらないので、これからはブルーレイにしようと思います。

洋画を見るときは字幕か吹き替えか、という話もあるのですが、それはまた別の機会に。

平尾

2010.08.19

夏真っ盛りですね!

焼いて塩コショウしただけのししとうが好きです。

冬瓜をコンソメで炊いて、気持ち生姜を効かせたものが好きです。


着ても着ても寒い冬より、汗だくでもシャワーを浴びればさっぱりできる夏の方が好きです。

でも、美味しいものだらけの秋のほうが好きです。

なにより、暁を覚えなくて良い春が堪らなく好きです!

食って寝て夏バテなんてぶっ飛ばせ〜!


タラ

2010.08.18

ため息

今日は個人的に非常に悔しい1日でありました。今から切り替えます、すぐに切り替えます。切り替えた所で悔しいけど、でも切り替えないと。。来月まで、苦しみたいと思います。多分来月からエンジンは7速に入ります、その引き金になった1日になったかもしれない。そろそろ行くかい、行かなきゃね。振り絞る時は近いですね。

雄作

2010.08.16

【8月16日(月) あもり】

お盆である。♪
盆、盆、盆、お盆だ、
爺さんも死にやがった、婆さんも死にやがった
後は知るか、盆、盆、盆

おもむろに中学校のときに作ったデモテープの曲(上記)を思い出した。
確かそれを300円で学校で販売して、買ったみんなから詐欺や返金しろと非難があがった。それを思えば、随分まともな作品を作れるようになったなと、思い返してました。

その頃からの知人でアジアティック・スパイや四季のアルバムデザインをしてくれてる、
「syuriken」の社長は、いまだにそのテープを保管していて、ボクと論議になったり、
自分に都合の悪いことが持ち出されると、「あのテープをそろそろ転売したく考えてる」と、ボクに脅迫をかけてきます。

先日、それこそ数年ぶりに「みんなの歌」を引っぱり出してきてもらい、
ギターの伴奏つけて歌いましたが、昔からこの歌のここがいいなって
思ってた部分が偶然に、他人と同じだったりするとなんとも、
太陽系の惑星が直列したかのような感じで幸せな気持ちになりました。
「みずばしょう~の花が、さいている」

土曜日は久しぶりに直島(瀬戸内海)に行こうか、それとも大原美術館(倉敷)にいこうか、
それともボストン美術館展(京都)に行こうか、足を延ばしてオルセー美術館展(東京)に行こうかと、迷った挙句に世界報道写真展2010(ハービス大阪)に行って来ました。
会場に入った瞬間に、耳のとおい婆さんが「これはすごい写真やな」と、
比較的、大声でいい。ヘルパーさんみたいな人も相槌を大きな声でうちます。

写真には戦争の写真が多く、人が死んでいるのを速写したものが
カラーで映し出されていて不安になりましたが、
その婆さんが声を出してくれていたから、とても安心感がありました。
ありがとう、見知らぬ婆さん。
夏場、ゴキブリや大きなクモが出たときに、足がすくんで動けなかったボクは、
自分の婆ちゃんが平気でそれを潰したりするのに、心強い思いでした。

そういえば、もう随分前に直島に行ったとき、
それこそベネッセが直島に着手しだして間もない頃に、
男友達3人とうちの母親を連れてお盆にフェリーに乗り行ったときのこと。

まだ一般に公開される作品が少なく、ボクは一計を案じて、
報道記者のあとを追って、さも仲間ですよみたいな顔で
一般公開厳禁だった色んなところに潜入していました。
ボクも記者の横でベネッセの人の話を聴いて訳知り顔で島を回っていましたが、
直島をこれから現代アートの島にしようと、宣伝に必死なあまり、
なんだか論旨が現代アートが判らん人間はかわいそうみたいなことを言い出した。

その言い方に、あまりに腹がたってボクはその場でベネッセのおっさんと口論して、
しまいにボクが記者でもなんでもないことがバレて追い出されて、
この悔しい気持ちの持って行き場がなく、目の前にあるジャコメッティの彫刻を
粉々に破壊してやろうかと思ったけど…その彫刻が手をかけるにはあまりに華奢すぎて、
出来んかったことを思い出しました。

そして帰りのフェリーのなかで、ボクの一部始終を見てた女性の記者さんと偶然会い、
向こうが笑いながら「ジャコメッティの前で思いとどまったのは正解ですね」と言った。
ボクが「あれがピカソの彫刻だったら躊躇はせんかった」と言い返したら、
「ピカソのは最初から壊れているから、壊せないですよ」と言い返されて、決着はついた。

それにしても向こうのスタッフのあの言動は腹が立ったとボクが言うと、
たしかに少し極端かもしれないけど、言い方に慣れてないんでしょうと言う。
大体、芸術なんてのがそんなご大層なもんでしょうか?と問うと、
ある人にとっては自分の命より大切になるもの、また、なることが出来るもの、
それが芸術なんだとすれば、ご大層なものかも知れないし、ならないかも知れない。
要するにそこが芸術の面白さなんですよと、諭された。

ボクが「そしたら、さぞ取材も命がけなんでしょうね」と皮肉をこめて言ったら、
相手は大笑いして、散々笑ったあとに少し考えて確かにそういうときもあったという。
ボクがどんなときにそんな場面があったのと尋ねると、
旧ソ連のグラスノスチ(情報公開)によりこれまで見れなかった文書が、
程度はあれ公開されるようになり、仕事でソ連が抱えていた未公開の美術品の
目録を作る目的でモスクワに入ったときに、殺されるかと思った。

相手に電話がかかってきたので話はそこで終わった、正直、もっと聞きたかったけど、
なんとなく向こうも話したくなさそうだったので、お話は終わった。
ボクが友人と母親のところに戻ると、母親がアクエリアスを飲みながら一言、
「コールド負けやね、10-0。野球じゃなくて、サッカーで」

あれからもう10年か。

2010.08.15

本日、日曜日は

100815_232547

秋葉原で飲んだくれてます。

これって自転車、
どこも止めんなってことやんね。

東京って、
めんどくせ〜


さんで〜

2010.08.14

おばんでゲス。

 どうも皆様こにゃにゃちは!土曜日山本でげす。

さて、1週間とはいと早しであり、いと寂しであります。1日、いや、1時間、いや、1分、いや、1秒を大事にしてこの先生きて行きたいものでげす。

先日我が師、総帥こと阿守様のアコースティックギターを修理する機会を得ました。いや、本当に久しぶりに修理しました。今回はペグ修理(弦を巻きつけるとこ)とナット交換(ヘッドと指板の境目にある弦を乗せる大事な部分)だけでしたがいや、本当に楽しかった。あまりの楽しさで写真を撮るのを忘れました。

昔は毎日そんなことばっかり教えて、自分でもやってる毎日でしたから。

何て言うんでしょ、ギターの構造って思ってるより凄いシンプルなんですね。その2つの支点に弦を張りテンションをかけて調律する。更にギターなら6本の弦を6弦からE→A→D→G→B→Eとチューニングしてね。

言わばただ木の上に弦を乗せ、張って、音楽する。それだけなんです。

ただ、良い木を使ったり形にこだわりを入れたり、構造を複雑にして今のギター達は進化してきました。僕の守備範囲はエレキなんですが(オールドは含みません、別楽器と思って下さい。)今まで色々作ってきましたが最高に納得出来た一品って正直無いです。確かに造ってる時はそれが良いと思って造ってるんですが、時間が経つと「いやいや、まだ何かあるんでは?」と思ってしまうんです。

更にエレキの特徴としてはボディにピックアップとゆうマグネテックコイルがあります。簡単に言うとマイクが付いていて弦の音を拾ってアンプで増幅し、スピーカーから音が出てくる。構造は磁石の周りにコイルを巻いて磁石の磁界を磁性体(弦)で揺らしコイルに微量な起電力を起こしアンプに送る。ってな感じですな。これはフレミングの左手の法則で簡単に解りますよ。

そのピックアップを凝って良い物をつけてみたり。好きな物に交換してみたりね。所謂コーディネイトですわ!

そんなこんな事をしてるとまた作りたい衝動にかられて今度1本ギターを作ってみようって思いました。いつ完成するかは定かではありませんが出来たら写真アップします。

あと修理とかもまたやろうかしら、やっぱり面白いですもん!

以前趣味であった楽器演奏が仕事になり、以前仕事であった製作、修理が趣味になりそう。人生ってわからんですね。

後、また将来は楽器修理を若い人達に教えたいですね。先生してた時学生といる時間が1番楽しかったですから。

ではまた来週!

                 

                         山本

2010.08.13

移動中には

大阪から東京の移動の車内ではウルトラクイズが流行ってましたが、ネット上にある問題をもうすべて読み尽くしたであろう頃、下火になっていきました。最近は物の動く仕組みをみんなで話し合っています。たとえばエアコンや電子レンジ、タッキーが持っているというダイソンの掃除機や新しい形の扇風機、ゲリラ豪雨の時に地下鉄に何故雨水が浸水しないのか?まで解決しました。
いやぁ長年仕組みを知らずに使ってる物ばかりなんですね。勉強になります。
そういえば。。。
僕はバンドを高校の時からやっていますが、もう10年以上音楽とふれているのにCDからなんで音が出てくるんでしょう?いやレコードやって仕組みがいまいちわかってへんわ!

軍司

2010.08.12

冷え症の反対は…?

冷え症というのは手足が冷える症状のことですが、私はその反対に手足、特に足が温かくなるという良く解らん体質なんです。
年がら年中というわけでもありませんが、そうなることは多いです。
冷え症の方は、手足が冷たくて眠れない、ということがよくあるようですが、反対もまた然りなんです。
冬はそうでもないんですが、夏場なんかはもう足がジンジンと暑くなって寝付きが非常に悪くなります。

正直原因だとかそういったものは全く考えたことがなかったんですが、最近、これはもしかして単なる『むくみ』ではないか、という仮説をたてました。

最近シベリアンでは関東-関西間の車移動が非常に多いのはご存知かと思います。
長いこと車に乗ってますと、足がむくんでパンパンになります。
その感覚が、寝付きの悪い時の足が暑い感覚に近いんですね。

で、つい最近、むくみ対策の就寝時用ストッキングなるものを購入してみました。
なるほど、多少マシな気はします。
特に、翌朝はかなりすっきりしますね。
普段の就寝時は「なんとなく」ぐらいの効果でしたが、長時間移動のあとはかなり高い効果を得られたような気がします。

昨日のタラの記事にあった『変なサポーター』というのはこれのことでした。
おかげで、夜中にタラが部屋中ウロウロたり、奇声を発したりしても気にせずぐっすり眠れました。
(熟睡していたのでそんな事実があったかどうかは知りませんが)

平尾

追伸
>寝るときに締め付けられてしんどくないのかなぁ?
ご心配ありがとう。
アレは締め付けて楽になるモノです。

« Previous | Next »