Home > 2月, 2011
2011.02.26

2-26/2011/sat/山本

 どうも、土曜日山本だす。

最近とても春らしくなりましたね。昼間なんて15度もありんす。

また来週は少し寒の戻りみたいですが、皆さん風邪などひかない様に気を付けて下さい。

さてさて、そろそろ、花粉が飛び始めまして来ました。僕もそこまで酷くはないですが、鼻がグズグズになり、眼が赤目になりもう毎年最悪です。

いつもは鼻炎の薬でむりくり止めてしまうんですが、こう鼻炎の薬って喉が渇く(痛く)なるじゃないっすか。あれが僕はとても苦手で・・・

なんで毎年色々試すんです、スプレータイプの鼻洗浄。塗り薬タイプで鼻の周りに塗り、花粉の進入を止めるタイプ・・・

ですが、結局いつもいつも飲み薬タイプで落ち着いてしまい、のどの乾きと戦いながら日々生活しております。

そうだ、今度病院で注射のやつ打ってみようかな、でもあれって本格的に飛散する前に打たないと駄目だった様なきが。。。

もう駄目かな?まぁ一度行ってみよう!今年はなんせ少しマシな春を迎えたい土曜日山本でした!

 それでは又来週!

        山本

2011.02.26

ご飯のお友選手権

先日神戸チキンジョージで行われた「ご飯のお友選手権」に参加してきました。

この大会がどういったものなのかといいますと。各自ご飯に最高にあう食材を一品づつ持って来て、スプーンにご飯をよそい、その上におかずをのせ、食べ比べて誰が一番センスがいいか競い合う、この前のHistoria Siberianaツアーの時の音響担当のガチョ主催のものすごく平和なイベントです。

ずっと何がいいか悩んでた僕は、やっぱり優勝したいと思い、近所の行きつけのお店に行き、知恵を貸してくださるようお願いして「ふきみそ」なる物をもらいましたが、これが本当においしかった!

優勝を確信していざチキンジョージへ。

甘かった!

採点基準が、「見た目、そそられ度、独自創造性、おいしさ」の4段階評価でしたが、人の作った物を持っていった僕はことごとく独自創造性で最低評価をもらい、結果は6位でした。ただその後の飲み会で「ふきみそ」は人気でしたけど。

やっぱりズルはいけないなぁとひしひしと感じた1日でした。

軍司

2011.02.24

エレドラ買いましてん

ドラムのMIDI録音ができたらいろいろ捗るぁ…と思い、少し前からエレドラ=電子ドラムが欲しくなってたんですね。
とはいえそれが本当に役立つかどうかよく分からんのでメンバーに相談したところ

デモ作りでは多いに役立つ、というかむしろ通常録音よりありがたい

との意見を頂いたので探してみたところ、安いの見つけて勢いで買ってしまいました。

なんとかMIDIでのリアルタイム録音は出来そうな感じです。
いまは音のズレを解消するのに四苦八苦しとります。
音源を変えないかんとかなんとかよくわからんので勉強中です。

平尾

2011.02.24

そうだ

一年前、痛風なりました。
風が吹いても痛いと言われる痛風。
電車に乗っていてその振動で気を失いそうになっていました。

体質のものなので対策も何もないのですが、以来、できる限り水分をとって尿酸を排出、再発は免れています。

そうか、もう一年か・・・。

タラ

2011.02.23

うごめく

僕自身もそうだし、シベリアンにも言える事だと思うんだけど。今は変わり目で、うーん、ターニングポイントとはまだ言えない。でも、少しずつ少しずつ、何かはうごめき出していて、そのうごめきをちゃんとキャッチしていきたいな。と思っています。
正直、僕自身は今は水面下に居ると思う。ピンチはチャンス、もがけるだけもがいて。生まれ変わります。

雄作

2011.02.21

【2011-02-21(mon) amori】

逃げる二月といいますが、月日は早いもので、もう二月の後半。
 
先日、岐阜の高山へ旅行に行きました。
高山→白川郷→金沢という順路での列車とバスを乗り継いでの小旅行。
白川郷を予定に入れるかどうするかには迷いがあったのだが、
東京のワンマンの前日の道中で、チラと小旅行をするつもりであり、
白川郷へ行こうかとも思っているというのを軍司に伝えると、
今年は雪が多く降ったから是非行かれるがよろしいでしょうと返ってきたので、
それならと行ってみることにした。
 
年始だったか、友人で作曲家の久保田さん(カンヌで知り合った)のブログを読んだら、青春18切符を買って悪魔的に多忙の音楽仕事の合間にあてどなく旅をしていると書いてあったのに少なからず感化されたのかもしれない。
 
ボクは旅とは経験することではなく、行為することでありたいと常々思っている。
それは、本や音楽や絵画に触れるときも同じであり、なにか見聞を広めたいとか、自分探しの旅でありますというのには、薄気味悪さを覚える。
ルソーの言葉に、「人は二度生まれる。一度は存在するために、二度目は生きるために」とあるが、後者のスタンスだ。
 
それにJR高山線は一度機会があれば乗ってみたい路線のひとつである。
他にはJR飯田線と紀伊半島の海沿いを回るやつと…言い出したらキリがないが、そのうちのひとつが高山線である。
それを言うと他人に「阿守は鉄ちゃんだ」と言われるが、ボクは鉄ちゃんでなく、孝夫さんである。または、あもりん。・・・なんでもいいか。
うちの実家には本当の鉄ちゃんがおり、いつかの山本さんのブログでもあったように、家の玄関に駅の看板があり、庭先の縁側のイスはJRのグリーン車のシートである。そしてまた春にも自分専用の電車を姫路まで走らせるそうである。狂気の列車マニアを実父に持てば、鉄ちゃんのハードルは自然と高くなる。
マニアックとは相対的であるからこそ成立する言葉であるのだから。
 
高山に到着したら、路面のすべてが凍っていてまるでスケートリンクだった。空気は綺麗でまるで空気のなかを泳いでいるようだった。雪は軽い真綿のようで、自由意志を持っているかのように、すんなりと散っていた。
夜の7時くらいだったので旅館の和室に荷物を置いて、町を散策がてら、iPADで高山ラーメンの美味しいところを選び町に出た。その日は寒い中、高山の旧市街がライトアップされていて、川の上、橋からみるしだれ柳に積もった雪がとても情感豊かに感じた。
こういう風景にあった音楽はないかと脳みそのなかのアモ-TUNEのジーニャス機能をフル活用したが、出てきたのは般若心経の読経だけだった。
ラーメンも美味しくて、何年かぶりにスープも全部飲めたくらいだった。メニューに餃子がないのに酢があるので(メニューにはラーメンとワンタンメン以外には何もなかった)、店員にどうしてかと尋ねたら、ラーメンに入れるのらしい。食後だったので試してみることはしなかったが、どうなることやら。
 
雪中行軍したのち、旅館の部屋に帰るとさすがは雪国の暖房、カラカラに乾いてとことん暑かった。頭にバスタオルを巻いていたが、まるでベドウィンの気分であった。

2011.02.20

リハーサル

よいよ冷えるやないな
花粉もようけ飛んびょるし

って方言はもうええかf^_^;

今日は明日の
スギリアンテッペーパーのリハーサルでした

なかなか面白いサウンドやったp(^^)q

いったいどんなライブになるんだろ〜

楽しみやな〜♪


サンデー真鍋

2011.02.19

方言weekでっか?

まいど、山とこだ。なんや知らんけど前の真鍋はんから地味に続いとる方言も丁度1週間でんな、ほな大阪代表でやらせてもらいま。

せやけど、大阪弁も最近はようテレビやらなんやらで耳にする機会が多いでっしゃろ?せやさかいにわしが書くもんもそないに珍しい事はおまへんわ。

せやけど最近はさむぅなったり、ぬくぅなったりと忙しいことでんな、こんなんやったら体アホになってまうで。えぇかげんじっとしとったらえぇのにな。

せや、えらい昔話になってすまんけど、わしインド人の知り合いおってん。名を「キラン」ゆうとったなぁ。ほんまおもろいオッサンやったで。見た目メチャインド人やねんけどバリ大阪弁やねん、しかもわし等も使わんような大阪弁使っとるねん。

んで1ぺん一緒にめし食いに行ってん。

わし「キラン昼何食う?」

キラン「せやなぁ、先だってウドン食ったから今日はちゃうもん腹に入れたいなぁ。」

わし「ほならカレーとかえぇんちゃう?」

キラン「カレーなぁ、えぇな。たまにはカレーも食いたいで。」

わし「そないなことゆうたかてキランインド人やねんから、毎日家でくってんちゃうん?」

キラン「それはないわ!ないない。インド人ゆうたかてそないにカレー食わんで。」

わし「ほならどれくらいの間隔でくうん?」

キラン「せやなぁ・・・2日に一回くらいやないかな?」

わし「そら十分やで!」

キラン「そぉかぁ。」

ほんまおもろいおっさんやったわ。もう18年くらい前の話になりまんなぁ。

ほなら今日はこの辺にしとこかいな。

ほな!さいなら!

山とこ

2011.02.18

讃岐弁

なんで今週は讃岐弁なん? このブログを楽しみにしてるであろう400万人中、讃岐弁を知りたい20人ぐらいのためにちょっと訳してみましょう。

真鍋

軍司と飲みにいきました。

飲み過ぎたからかなりしんどくてどうしようもないからオフな一日でした。

阿守

今日もかなり寒いやないか、なんやこれ。

バレンタインやないか、高島屋もにぎやかにやっとたわ。

恋と愛はどう違うんか?時間と空間の違いみたいなもんやろか。

平尾はだいぶ昔、愛という子に恋してベルギーのどっかまで一人でいったからな!

平尾がそうしてるのを見てこう思ったわ。

平尾

阿守!バレンタインやからゆうてふざけとったらぶん殴るで!

香川を出てから随分とたちました。最初は讃岐弁が嫌で、大阪の言葉を覚えようとしてましたが、30を越えたあたりから何故なんでしょう?讃岐弁が普通に出てくるようになってきました。

たまにタッキーから「今なんて言ったんですか?」と突っ込まれるほど顕著に出てくるようになりましたねぇ。

そんなことより、最近google art projectで世界の美術館をめぐってます。気付いたんです。なんていうことやろ!絵を見ることがこんなにおもしろいなんて!

いままで美術館に行ってた僕はウソの僕です。いままで見て来た絵画などがまったく違って見える!

軍司

2011.02.17

なんかおる・・・?

今週は方言ウィークかと思いきや、そうでもないようなの普通に書きます。

ついこないだ、実家に帰ってました。
本当は正月に帰省したいんですが、年末にライブが入ったり、帰省ラッシュを嫌がったりするので2月に帰ることが多いです。
そのこと聞いたドクトール(山さんの親父さん)からは「中国人か」と言われましたが、別に旧暦に基づいて生活しているわけではないのです。
たまたまです、たまたま。

私の実家は十数年前に増築しており、増築部分は2階建てになってます。
高校時代はその2階部分で生活していたのですが、いまはエアコンの故障でとても生活スペースとしては使えないので、実家を出ている私や弟は増築部分の1階にある座敷に寝泊りしています。
ちなみに母親は元々の家の部分にて生活しておりますので、増築部分に関しては来客時に使用するぐらいです。

弟はいわゆる見える人らしく、前々から実家にはなんかおるぞ、と言うてました。
曰く、夜中になると階段あたりを泥まみれの兵士がウロウロしているのだとか。
その兵士がいわゆる兵隊さん的なものなのか落ち武者的なものなのかは詳しく聞いとらんのですが、とにかくなんかおるとのこと。

さて夜中。
寝始めてしばらくすると、座敷の戸の外側で、確かになにかがウロウロしています。
ただ、この気配に関しては、随分前から私も気づいてました。

ウチは犬を飼ってるんです。
血統書を発行できる(発行の費用がバカらしいので発行してませんが)、混じりっけ無しのチワワです。
チワワのくせに11kgあります。
一目見た山さんからは「小型のドーベルマン」と言われましたが、チワワです。

そのチワワが、戸の外でウロウロしているんだろうと、私はずっと思っていたんです。
しかし、弟の話を聞いてから、ふと疑問に思ったことが・・・。
チワワの生活スペースであるリビングのドアを、開けたままにするでしょうか・・・?

翌朝、母親に聞いたところ、リビングのドアは毎晩ちゃんと閉めているとのこと。
つまり、夜中にチワワがリビングから出て廊下をつたい、座敷前まで来るのは不可能なわけです。

そうかぁ、実家に帰るたびに座敷のまえでウロウロしとったのは、犬やなかったんかぁ・・・。
少し前まではネズミがいたそうなんですが、薬で殺処分して以来ねずみの被害はなくなったのでネズミである可能性もほぼなし。
さらに、ウチは庭を猫が相当数ウロウロしているので、ご新規さんの侵入はほぼありえないとのこと。

いやはや参りました。
そっち方面では相当鈍感な私が気づくぐらいですから相当なヤツなんでしょう。
今のところ実害は無いのですが、出来ればお引き取り願いたいものです。
どなたか良心的な拝み屋をご存知でしたらご一報くだいまし。

平尾

追伸・阿守へ
バレンタインじゃきんゆうてさいあがんじょったらくらっしゃげるんで!

Next »