Home > 2月, 2012
2012.02.28

リニューアル

明後日から新年度だ〜、春もすぐそこまで、来てて欲しい、寒すぎます。昨日まで怒濤の2週間だったので、今日はちょっとのんびりしてます。3月1日に自分のブログをホームページとして大リニューアルするので、こっちにも遊びに来て下さ〜い☆ 季節の変わり目、皆様もお身体ご自愛下さいませ。

http://www.yusaku-tsuchiya.net/

雄作

2012.02.27

【2012-02-27(mon) amori】

今日は思いのほか寒かった、大阪から京都に移動したら、
さらに寒さは激しくなり、歩いてるだけで耳が痛くなった。
まるでヴィヴァルディの冬の第一楽章のバイオリンの音のような
鋭い刃物が耳にあたっているように感じました。

ヒャン、ヒャン、ヒャン、ヒャン、って。

先日、父親の一周忌だったので父とボクとの共通の友人をともなって帰省しました。
友人とは言ってみたものの、要するに生前に父の話し相手を散々させられた、
山本周作さんのことです。
それと都合のように利用される愛車のかもなんばん。

帰省の5日ほど前に母からボクのもとへメールがあり、こんなことを書いていました。

「娘(ボクの妹)のピアノの音がどうしても聴きたいけど、私は弾けない。
 あの子のピアノには自動演奏機能がついているから、フロッピーディスクを入れて
 ピアノを自動演奏させてみました。でも、調律があっていないのが気持ち悪くて、
 それで調律師を呼び調律してもらい、改めて自動演奏を聴きました。
 綺麗な音が流れて、ピアノの鍵盤が動き、ペダルが動く。
 まるでそこに誰かがいるように。
 そしたら、どうしようもない気持ちになってしまった。
 誰かにこの気持ちを伝えておきたくて、それでメールしました。

 私はあなたのように曲と名前が一致しないから、なにかいい曲を教えてください。
 その曲が入ったフロッピーディスクを買おうと思っています。」

その話を軍司にしたら、
次の日に彼が何枚かの自動演奏用のディスクを用意してくれていたので、
それと高杉のショートケーキを手土産に実家に帰りました。

家に帰ってさっそく、ピアノのふたを開けてピアノの自動演奏を聴きました、
調律がしっかり出来ているピアノは、とても大切そうにグリーンスリーブスの
主題を奏で始めて、部屋中にメロディが響き渡った感覚はとても心地よかった。
音楽は、ただ鳴るものじゃなくて、浸透するもの。

もっともっと、色んな音をこの部屋に浸透させたくなった僕は
母と山本さんと一緒に地元の楽器屋に行き、他の曲の自動演奏データを探した。

妹のピアノでどうしてもラヴェルを聴きたい。

この普段は線香ばかり嗅がせている部屋に、ラヴェルを浸透させたい。

水の戯れ、マ・メール・ロワ、クープランの墓、亡き王女のためのパヴァーヌ。
ドビュッシーから喜びの島、版画、ラフマニノフのヴォーカリーズ。

楽器屋さんでダウンロードを済ませて、つるやでディナーとして醤油うどんをかき込み、
そして自宅に到着してすぐに山本さんと一緒にピアノの自動演奏を聴いた。
これまでの鍵盤の動きとは違う動き、旋律、そして自分の好きな曲が
妹のピアノから次々に弾き出されるのに、心奪われた。音のミストが飛び散るよう。

確かに母の言うように
そこでは誰かがラヴェルを演奏しているように見えた。
見慣れたピアノが、聴き慣れた曲を弾いているだけなのに、
こんなに心奪われるのは、どうしてなんだろう。

人が最初に蓄音機に向きあったときはこんな感じだったのだろうか、
人が初めてテレビを見たときはこんなに鮮烈だったんじゃないだろうか、
自分の全てが楽譜とピアノの弦に表されている気分。
ピアノの弦が空気を震わせると同じだけ、ボクの何かも震えた。

町中の家の扉を開け放ってもらい、
そこにこのピアノが演奏するラヴェルの音色を届けたいと思った。
夜だというのに迷惑千万と言われようが何だろうが、知ったことじゃない、
玄関を蹴破り
「お前たち、クリーンアップの時間だ」と言い捨て、
音色をよその家に放むことこそが、素敵なことだとその夜は思った。
放つのが火じゃなくて音色で幸いくらいに思って欲しい。

音楽は魔法だ
町中が魔法にかかればいい、ハーメルンの笛吹きのように。
ボクは魔法使いになりたい。

ピアノの演奏を何度も聴き終えて、リビングに戻り、
母にピアノの曲の感想を聴いた、
「これがボクの好きな音楽なんだけど、どう?」と、
母からの答えはいたってシンプルなものだった。


あれ?さっきまでのは、アンタが無茶苦茶にピアノ弾いとったんと違うん?


全然、趣味が合わん!!!!!


追記:
先日、新しいメンバー(担当ベース)のオーディションを行いましたが、
あまりに見るべき才能がないので落選させました。







2012.02.25

難しい・・・

今晩は、土曜日ヤマトコであります。

最近我が家に新しい家族が増えました。えっ?またなんか原動機付きの乗り物買ったのか!

いえいえ、違います、今回は本業の楽器です!



左側はライブでも良く使ってる「FENDER PRECISION BASS 74′」で今回購入したのは「SCHCTER AD-SL-EL5-EXT/BHC」です。

右側におわします方です。

今回の購入のきっかけは新曲を考えてるとき「もっと下の音が欲しいなぁ・・・」そう思ったんです。でも今まで使ってきたベースでは出ない!チューニングを下げても使えるんですが、なんせテンション(張力)が落ちて弾きにくくなるし、音も良くない。更に今まではパッシヴ(電源を必要としないタイプ)なんで低音の腰も弱くなる。

今回購入したシェクターのベースは5弦ベースと言われる物で、一般的なベースより低い弦が1本増えてるんです。

これにより低音を作れ、更にはアクティヴサーキット(電源を必要とする回路)が入ってあるので低音にも太さが生まれます。

何でこれで今までより幅が広がる!

さ、平尾さんがやって来ました。練習します。

ではまた来週!

ヤマトコ

2012.02.23

制作合宿第二回~お引越し準備終盤

合宿といっても場所が大阪なので、自宅からの通いなんですが・・・。
2日間みっちりやりましたよ。
いろいろ前進したと思います。
あとは個人で詰めていく感じですかね。

そしていよいよ来週にはお引越しです。
引越し先は香川の実家なので、ありがたいことにドラムセットで音を出せるんですね。
田舎だから。
まぁ、隣近所もありますから時間帯は限られますが・・・。
とにかく音を出して練習できるというのはありがたいです。
特に今回のようにアレンジを詰める作業では。

問題はドラムセット置く場所やな・・・。
片付け頑張って、出来れば引越し翌日には練習出来るようにしたいところです。


平尾

2012.02.23

目まぐるしく

日付変わって木曜日になっちゃいました、日記書く時間が全く無かった、先程からようやくパソコンに向かっております。18日大阪dig me outでのライブ、19〜20日メンバー集まって新曲制作、21日帰京してまもなく少し遅めの大事な新年会へ、そして今日は劇団キャラメルボックスに観劇、夜はCasanova Stringsリハ!あ〜、明日はgaQdanで明後日は東京でシベリアン関係ミーティング、明々後日はカサノバライブ!!幸せでございます、押忍。

というわけで、今日は劇団キャラメルボックスさんの「トリツカレ男」を観に行ってきました。演劇はライブですね、単純に楽しい!ステージに立つ人間として、発するパワーの大きさ、繊細に作られている1シーン1シーン、そしてその全体にある1つの「団」としてのイズムに敬服致しました。大事なシーンでSIBERIAN NEWSPAPERの曲を使っていただき、大変光栄です。

常に発信者で居続けたいな、と想う、今宵でございます。

雄作

2012.02.21

【2012-02-20(mon) amori】

合宿が今さきほど終了しました、お疲れ様でした。
真鍋さんにはまだ仕事があるので、ボクが真鍋のぶんも書きます。


久しぶりのライブだった~、

大阪で今年にはいって最初のライブだったから
なかなか気合の入った演奏になったんじゃないかな~

おわったあとのビールがうまいな~!

ライブでは新しいギターのお披露目もできたしね、
ギターの名前は「坊ちゃん」です

そうそう、今日はポップコーンも食べました、
柿の種もファミリーサイズを買ったのに一瞬でなくなったな。
そんな感じで一段落ついたので
また、来週。

サンデーまなべ

【DIG ME OUT CAFE / BEFORE STORM】

01. HYSTERIA SIBERIANA
02. PERPETUUM MOBILE
03. THE MINT ☆
04. ボクの村は戦場だった
05. GOOD BURNING O’SILK
06. SPRING NO.01
07. WORDS ROBBIN TALKS ARE
08. CROSSING THE TUNDRA
09. WHALERIDER
10. PLUTO LEMONSKY
11. SLOVENIAN MORNING
12. MY EVIL
13. 君が欲しい ☆
14. 世界の果てへ連れ去られ
15. 舌足らずな私
16. 雄作作雄作1(仮名) ☆
17. PARADE
18. IN FAHRENHEIT
19. QUALIA
20. CELTIC FIFTH




2012.02.19

2012/02/18(sat) siberian newspaper in dig me out cafe

今晩は、土曜日ヤマトコであります。

今日は今年初大阪ライブでした。場所は以前オールナイトをやらせて頂きました「dig me out cafe」でした。

御蔭様でチケットも即完売で皆様のあたたかさを痛感致しました。有難う御座います。

僕は先程帰って来て、機材を収納したところです。大阪でのライブの時は僕の「鴨南蛮」で機材を移動させます。ツアーとかになるとレンタカーのハイエースなんですが、近畿圏などでは鴨南蛮を使います。

今日は音響機材もあったので、会場とマネージャーの平さんの「ネイヴ」をピストン運輸しました。何かこの感じ久々で、やはり僕達の荷物は(ほぼ僕と平尾さんの荷物)多いなぁ・・・と感じました。

昔はもっと少なかったんです、もう一回り小さい車でも楽勝に載せれました、昔はHONDA FITで大丈夫だったんですが、徐々に増え始め、このままじゃ無理になったんで、今の鴨南蛮に(HONDA CIVIC TYPE-R EP-3)に乗り換えたんです。

しかし、FITの方が大きい?と思いましょうが、実は今のtype-Rの方が大きいんですね、内容量は何ℓ程か大きいんです、車高が低い分狭く感じますが、床自体が低く作られてる、更に全長が50Cm程長いのも相まって、内容量が増えてるんです。

しかし、しかしですよ、この今の荷物量が限界に近いんです。今日載せてみて改めて感じました。パンパンだもん・・・

でもねぇ、買い換えるつもりは全く無いので、今の積み方を工夫して隙間を作らないと・・・

車自体は初老なんで酷使は可哀相ですが、その分愛情タップリで、オイルも良いやつ入れて、整備も怠らず、可愛がって行きます!

それでは明日に備えて準備します!

また来週!

ヤマトコ

2012.02.18

dig me out

今日は久しぶりのライブ。急に決まったけど、チケット即日完売ありがとうございます。もうすぐ家出ます。

dig me out

どういう意味なんだろう。なにかいろんな事に縛られてる私を「ここから出して!」みたいな感じも受け取れるし「私を探し出して!」とも受けとれる。どちらにしろレルトランにはいい名前だ。この空間だけはがんじがらめの日常を忘れてしまおう や このレストランを探し出して! いいやんか。

ぼくもずっと探してる物がある。音楽に興味を持ってから、いろいろ聞く趣味は変わったけど、ずっと聞き続けてる曲がある。その何曲かには僕が愛して止まない「何か」を持っているんだ!それが何か知りたい!

わからん。。。。

どなたか薄暗いバーで「作曲とは何か」というのを延々語ってくれないだろうか?

軍司

2012.02.16

確定申告

気がつけばもう確定申告の時期ですね。
普段はぎりぎりにやるんですが、今年は引越しがありますので、住民票移す前に済ませておこうと思い、初日である昨日早速済ませました。
来年こそはイータックスに挑戦しようと思います。


平尾

2012.02.14

明けまして大阪

さて、週末に心斎橋dig me outでのライブが迫ってきましたが。僕は直前までカツカツのスケジュールです。んでもライブはしたくてウズウズしてる。新曲もやるんちゃうかな?シベリアンが動いている地鳴りが聞こえますか?まだ聞こえないよね(^^;;

大丈夫、グワッといきますよグワッと。

雄作

Next »