Home > 11月, 2012
2012.11.30

憧れ

長年憧れてきた人のコンサートに週末行ってくる。

何枚もCDを買ったし、何冊も本を買った。

何曲も弾いたし、何回もテレビを録画した。

何曲も分析したが、たった1曲も自分の引き出しの中に入れれたのかわからない。

そんな僕もライブには1回も行けなかった。シベリアンのライブがあったり、何か他の用事が出来たり。

とうとう行けるぞ!!!楽しみで仕方がない。

もしも贅沢が言えるなら、皆さんも僕らのライブの前日なんかは同じ気持ちだととてもうれしい。

軍司

2012.11.29

そろそろ12月ですね

みなさん、ジョジョ見てますか?
EDテーマがあまりにかっこいいのでFragile(こわれもの)を買おうかどうか悩んでおります。
もちろんOPも正統派アニメソングという感じでかっこいいんですが、あのEDテーマは圧巻ですな。
本編終盤→EDテーマの流れでいつも涙しております。
最近は気がつくと
「ドゥーツクドゥーツクドウーンドゥ、ドゥーーツクドゥーツドウーンドゥ、、ドゥーツクドゥーツクドウーンドゥ、ドゥー、、テロテロテロ・・・」
とEDイントロを口ずさんでしまいます。※何言ってるのかわからない人はジョジョ見ましょう、ジョジョ

ドリームシアターでプログレの門を叩き、キング・クリムゾンで入り口から動けなくなってしまった高校時代。
もしあの時聴いたのがクリムゾンではなくイエスだったらもう少し先に進めたのかなぁと思う今日この頃。
こんにちは、平尾です。


もうすぐ12月ですね。
今回のツアーは初めてづくしです。
12/4名古屋、12/11福岡、12/15阿倍野と初めての場所ばかり。
12/17恵比寿は以前1度でたことはありますが、結城さんとは初共演です。
どのライブもコンセプトが異なりますので、いろいろ楽しめると思いますよ。

さて教習所の方ですが、12/8に卒業検定が決まりました。
最速で12/9に免許取れそうです。
いろいろ順調に進んでおります。

まずは来週、名古屋でお待ちしております。

平尾

2012.11.29

12/17

12/17、何があるかは皆さんご存知!ですね。
結城安浩×SIBERIAN NEWSPAPERスペシャルクリスマスライブ、さて、何が行われるのでしょうか。あまり多くは語れないけど、色んなコラボがありそうですよ。「声と楽器の饗宴」と言っておきましょう。シベリアンがシンガーとこんなにがっつりと絡むのも初めてですし、その相手がESCOLTAの結城安浩さんですから、光栄…いや、相手にとって不足無し!と言っておきましょう。どちらのファンの方々にも楽しんでいただけるような内容にしたいと思ってますので、ちょっと早いクリスマスを、パーっとやっちゃいましょう♪

雄作

2012.11.27

【2012-11-26(mon) amori】


※ご飯中とかに読まないでください。


昨日は久しぶりにタッキーと会いました。
ずっとシンガポールに行ってたらしく、向こうで何か変わったことがあったかと聞くと、
次のようなことを話してくれました。


前日の晩までシンガポールで暴飲暴食をしたタッキー。
次の日は朝から打ち合わせがあるということで、朝早くに起きてバスに乗り込む。
タッキーの宿泊していたところから、打ち合わせ場所までバスで1時間の距離。
タッキー、急にお腹が痛くなる。


本当なら打ち合わせは10時からだったそうだが、
どうしてもカフェで英字新聞を格好よく読みながら、コーヒーを飲みたいと考えたらしく、
その日は随分早くにバスに乗り込んだのだそうです。


どうしてもお腹の痛さが収まらないまま目的地ちかくに到着。
確か近くにあった公共施設ならトイレを貸してくれるはずだと目論見、
一目散にそこを目指すがあいにくその日は閉館日。
どんどん脂汗は出てきて、足のつま先は丸まって、どうにもならない状態が続く。


色んなところでトイレを貸してくれと頼み込んでも断られる始末。


そして近くにあるショッピングセンターが9時にオープンするという情報を仕入れて、
そこのシャッターの前で前傾姿勢のままで待つタッキー。
9時になりようやく女性店員がシャッターを開けると、
待ってましたかのように女性店員を押しやりトイレに駆け込むタッキー。


無事トイレに到着した瞬間!
便器への到着を前にしてバリッという音とともに全部出た。
ああ、無情。
ズボンは汚物まみれになり、とても打ち合わせに行ける状態ではない。
洗面所で必死に石鹸で洗ってもどうにもならなかったタッキー。


そのままビタビタのズボンをはいて、近くのH&Mのような店に行き、
店が開店する前からどのズボンを買うのか見当をつけて、
怪しくショーウィンドウの前を往復し、
扉があいた瞬間に店に飛び込み、
狙いをつけてたズボンを試着室ではき、
店員に英語で「このまま履いていくから!」と怒鳴って、
「それとあと、ビニール袋をひとつくれ!」と注文し、
汚物にまみれたズボンをそのビニール袋のなかにしまいこみ、
レジで100ドルと共にそれを渡して、「これも捨てといて!」と言ったそうだ。


汚い話で失礼しました。あまりにも愉快だったもので。

2012.11.24

溢れ出る感情

今晩はヤマトコです!

もう、もう12月になろうとしてるんですね。早い!早すぎる!また一つ・・・歳・・・を・・・とっ・・・て・・・し・・・まい・・・ます・・・

で、歳をとるにつれて許容量が減ってる感じがします。それは人間が唯一神から許されたモノ。感情です。

感情は「喜怒哀楽」ですよね。嬉しい時には笑い、怒った時には怒り、悲しい時は泣き、楽しい時はシベリアン。まぁそんな感情には許容量があると僕は思ってます。心に感情のダムがあり、溢れると、決壊すると溢れ出る。我慢に我慢をし、堪えきれなくなったら体から感情があふれ出ますね。涙や武者震い、そして笑顔。それはコントロールの難しい物だと思ってます。その我慢が昔は凄い出来たと思ってました。でも最近直ぐに出てきてしまう。それは歳を重ねると感情のダムの底に累積された何かが沈殿してて、その容量が少なくなって来てるのだろうか。でも怒りは意外と変わってない気がするなぁ。

特に喜・哀は凄く浅くなりました。

喜は身近な話で表すと、バイクや車のマフラーを交換して一番最初にエンジンを掛けた時。その感動や音に素直に喜んでしまいます。

哀は涙もろくなりました。でもこの哀は意外と我慢出来る人が多いのでは?僕も自分では我慢出来る方だと思ってました。でも第三者の存在によりそのダムは一気に決壊してしまいます。その第三者って親であり友人でありメンバーであり音楽だと思います。

そう、演奏中感極まって来たとき我慢してるところにそれらの刺激が目に入ると一気にダムは放流し始めます。それも止まらない。ただ止めたくもない。自然のままにね。なすがままに。心を曝け出して。その空気に身を沈めたい。

そんな素晴らしい場を提供して頂けるお客さんの皆さんに感謝したい。だから来月今年最後のシベリアン皆で楽しみましょう!

ではまた!

ヤマトコ

2012.11.24

軍司

今まで、何千回同じ事を言ってきただろう。

軍司は僕の本名ではありません。

2012.11.22

教習は順調です

今日なんとなくkalafinaのHP見たらライブアルバムの発売が発表されており、1人小躍りしてました。
こんにちは、平尾です。

仮免取得後の教習も順調に進んでおります。
路上教習も始まっており、地元香川の各地を走っておるのですが、正直自分がどこを走ってるのはさっぱりわかりません。
わかるのは三豊市を中心に西は観音寺のハローマックがあったあたり、東は鳥坂で、しかも11号線近辺とJR予讃線の周辺のみ。
それ以外は完全に異世界です。
今日も琴平まで行ったのですが、一体どこをどうやって行ったのかまったく理解できず、なんだかわからない内に琴平について、知らない内に11号線に合流して、善通寺あたりでようやく自分の位置が把握できたような感じです。
ホントに、まったくわからん。

たとえば大阪を起点に白浜に行けといわれれば、行けるかどうかはともかくぼんやりとルートは思い浮かぶし、じゃあ姫路に行けと言われてもなんか行けそうな気はします。
しかし三豊市を起点に琴平に行けといわれても全く行ける気がしません。
ロンドンからグラスゴーとかの方がまだイメージが湧きます。
なんだか地元なのに異郷って感じで複雑な気分です。
免許を取ったらいろいろ走ってみようと思います。
といっても私は車を持っておらず、母のを借りる予定ですが、保険の関係で35歳の誕生日までお預けなんですけどね。

私が入学した頃は人が少なかったのですが、最近は少し増えてきました。
どうやら高校生が通い始めているらしく、時々先生が見回りに来てるのだとか。
確か1月ぐらいまでは教習所に通ったらダメだった記憶があります。
見つかったら停学とかになるんでしたっけ?
なんだか懐かしい。

とにかく人が増えました。
なので教官に空きがなく、技能教習が受けられない日もあったりします。
このペースで行くと12月のツアーに間に合うかどうか…ぐらいです。

年内にシベリアン号デビューがあるのでしょうか?


平尾

2012.11.20

【2012-11-19(mon) amori】

◆名古屋で岳ちゃんと寿司屋に行った。

メモ:大将がもの凄く怖そうだったけれど、会計のときにか細い声だった。
岳ちゃんの赤身と白身、光りもの、巻物の食べる順番がめちゃくちゃだった。
でも、好きなように食べたほうが身のためになるなと思った。
このランチで900円というのは驚きだ!
蜜の二人も誘ってやれば良かったと思った。


◆名古屋で岳ちゃんとピザを食べた。

メモ:いつもは土日などの名古屋のライブの日にしか行かないお店、
金曜だったのか今日はガラガラだったから、なんだか独り占めした気分だった。
メニューを注文するとき、軍司と難しい話をしていたので、
いつの間にか欲しくもない種類のピザを頼んでしまった。
でも、岳ちゃんのピザと半分ずつかえっこした。


◆明石で山本さんと明石焼きを食べた。

メモ:雨がざんざん降り。
この前に来たときも雨のなか、沢山の行列があったが、今日はすんなり入れた。
明石焼きをダシと柚子こしょう、七味唐辛子、塩、ソースと
順番に食べていくのが好きです。


◆倉敷で山本さんとわらび餅を食べた。

メモ:色んな思い出がある場所です。
自分の記憶と様子が違うので、聞いてみると6年前に改装したそうです。
改装前の方が雰囲気よかったのに、もったいない。
でも、わらび餅は絶品だった。


◆北九州で山本さんとラーメンを食べた。

メモ:小野さんオススメのラーメン屋さんの一軒。
詳細はニュースメールに書いた。


◆日田で一人で新そばを食べた。

メモ:店に入って盛りそばを頼んだら、まずは水で食べろと言われて驚いた。
それが意外も意外、あまりに美味しいので三枚食べた。
つけつゆを水でそばを食べたのは初めてだった。


◆八女で山本さんとお茶を飲んだ。

メモ:ふと、お茶を振舞われて、その美味しさに二人とも気がつけば
茶の袋を持ってレジに並んでました。


◆阿蘇で山本さんと焼肉とだんご汁を食べた。

メモ:夜の7時にはほとんどの店が閉まってて、
ようやく開いてるところを見つけたのがここ。
隣の席の婆さんが、ウインナーと入れ歯を地面に落っことしていた。


◆南阿蘇村で山本さんと星をみた。

メモ:初めて、さんかく座銀河(M33)を見た。
でも、直径80センチちかくのレンズで見ても、そらし目でチラッとわかるかどうかだった。
自分で持って行った望遠鏡でその夜に見た、オリオン大星雲(M42)はハッキリと見えた。
気温は2℃で息が白くなっていたけれど、夜空には天の川が広がっていた。
流れ星も大きくて、いくつも阿蘇の台地を駆け抜けていった。



◆秋芳台で山本さんとお散歩した。

メモ:ここに来た瞬間にエミリー・ブロンテの「嵐が丘」を思い出した。
数日前に空木さんとそれについて話したばかりだったからかも知れない。
奇岩とススキのコントラストに彩られた荒涼とした風景は、
まるで自分のなにかが景色に溶け込んでいくようだった。



◆尾道で山本さんとラーメンを食べた。

メモ:70代のお爺ちゃんとお婆ちゃんが二人でしている食堂。
店に入ったら大将から「あんたら、この辺の人やないじゃろが?」と言われた。
そこから話が弾んで沢山おでんも食べたのに、だいぶん値引きしてくれた。
何度でも来たくなるお店。
味はもちろん、心も元気になるお店ってなかなかないよな。


みんな、博多のライブ来てね!

2012.11.17

初体験

DSC_0411.JPG

今晩わ〜土曜日ヤマトコであります。

今日は初めてトヨタプリウスに乗りました&運転致しました。
これが日本一売れているハイブリット、システムが低速をモーター駆動で、約30Km /hを越えるとエンジンが動き始める。
中高速はエンジンとモーターを両方駆動させ、エンジンの負担を減らし燃費を向上させる。メーカー発表値は確か34Km /hだったかな?確かに良い車です、売れるのは頷けます。
しかし、若干坂道の走行が辛いかな?トルクが薄いですね、駆け上がる為にはアクセルを踏み込まないと上らない。結果燃費ダウン。
僕のフィットは同じくハイブリット、ただトヨタと違うのはモーターをターボ的な扱いで使っている。これの利点はモーター自体を小さく出来る、よってバッテリーも小さく出来る。更にターボ的な扱いなんでトルクも厚くすることが出来る。なんで坂道も比較的楽に上がる。これはエンジンやシステムより車重が軽いのが利点でしょうね。

今日実際に走らせ北九州市まで走りました、で燃費は約23Km /h。フィットで以前東京〓大阪で約32Km/h。
下道ではプリウス約22Km/h、フィットで約18Km/h。

う〜ん、微妙ですね。下道ではプリウスは強い、が、フィットは定速走行が強い。普段乗りが多い人はプリウスが少しお得ですが、僕みたいに長距離が多いとフィットが良い。
車内はプリウスは広いが荷物が載りにくい構造、フィットは荷物が載せやすい構造。

後は好みの問題ですね、僕は本田技研の車が好みですよ。


因みにブレーキはフィットの方が使いやすいですね、僕的に。回生ブレーキのちがいでしょうね。

どちらも良い車ですよ、流石日本の技術です。天晴れです。


最後に今日泊まってるホテル、ベイサイドにあり、窓からは岩戸大橋が一望出来るお洒落なホテル。
部屋は和室でトイレ風呂なし。若干畳が沈んでおり不安感抜群。
合同浴場は綺麗で広い。フロントのおじさんが『風呂は55℃に設定してるから、ぬるかったらお湯足してね〜。』ん?55℃でぬるい?ん?ん?
まぁ入ったら解るだろう。体を洗い頭を洗い、さていざ!参らん!
恐る恐る足を湯船に…すると…ほぼ水です、間がうことなく水でした。
すぐさま赤い蛇口を全開、すると出てくるお湯が55℃くらい。なるほど、そうゆう意味でしたか…
ほぼお湯を全換えする程流し込み、今やっと温まりました。

後はゆっくり寝ます。
中々良い雰囲気のホテルであります。


ではまた来週。



ヤマトコ

2012.11.16

しんどい仕事とおもしろい遊び

先日、実家に帰ってた。

母親が「帰ってくるなら玄関キレイにならんかなぁ?」というので本格的に玄関のニスを塗り直す事にした。僕は木工が好きなので。

僕の実家はもう築70年ぐらいになるだろうか、木造住宅で、玄関も木の黒ずみが目立って来たので、全部はがす事にした。

実家を離れている僕としては普段何にも両親を手伝えずに申し訳ない気持ちで作業に取りかかった。

そうすると結婚して実家に住んでる弟の子供達が集まって来た、「何してるん?」と興味津々に聞いて来た。

「玄関をキレイにするんやで」といって紙ヤスリで汚れたニスを剥がして元の木の色に戻していたら、

「私もやる」と言って女の子なのに紙ヤスリを手に手伝い始めた。

男の子の方はまだ小さいけど、ホウキを持って来て削り出る木の粉を集め始めた。

「うわ、めっちゃキレイになるやん」と言って2人ともとても楽しそうにやっていた。

僕はこの子供達からとても大切な事を教えてもらった気がした。

作業的にはとてもしんどいし、僕は正直、早く終わらせよ。とか思ってたのに、彼らにとってはおもしろい遊びになるんやなぁ。

2人とも夜遅くまで飽きもせずに手伝ってくれた。

「あー面白かった」と言う言葉を聞いた時になんだか泣けてきた。

何事でも捉え方を改めねば!僕はなんてひねくれてしまったのか!

軍司

Next »