Home > 12月, 2012
2012.12.31

【2012-12-31(mon) amori】



今日だけは絶対に飛ばすわけにはいかんと思っておりました。
こういう挨拶ごとを面倒くさがったらロクなことにならんのです。


みなさま、今年もシベリアンニュースペーパーにお付き合いくださって、
ありがとうございました。
来年はこれまでより一層、音の秘密を突き詰めていこうと思いますので、
どうか変わらぬご支援をお願いします。


これまでに関わっていただいたスタッフのみなさまにも、
これからシベリアンがしようと思っていることには、誰ひとり欠けてもらっては困るので、
自分ひとりの体ではないと思い、寒中、ご自愛ください。
今年もご苦労様でした。


改めてファンのみなさまへ。
あなたたちへの思いは言葉になりませんので、音楽で返します。
その音楽を演奏できる機会を、もっともっと増やすように尽力しますので、
来年もどうかよろしく、ひとつ頼みます。


これからシベリアンのファンになるかも知れない、みなさまへ。
シベリアンニュースペーパーというバンドには、崇高な思想や理想の世界はありません。
あるのは、ただその辺のことを音楽にするお兄さんと、それをはやしたてる、
物好きなお兄さん、おねいさん連中だけです。
もちろん、爺さん、婆さん、子供や病人もいます。
誰かが言ってましたが、たまに霊も来てるそうです、ありがとうございます。
(入場料払って、面倒さえ起こしてくれなければいいのですが)


それでみんなで宝探しゲームをしたりしています。
そしてたまに見つかるときがあります、でも、みんな欲張りなので
誰にも言わずにそれをポケットに大切にしまって、
家までこっそりと持って帰ります。もちろん、ボクもそうです。


たまに何も見つからないときもあります。
そういうときは宝探しゲームの主催者側であるバンドの演奏がクズだとか、
客の感性がムツゴロウ並みだったんだとか、照明のテリーが肝心なところミスったからだとか、
物販でメガネかけてる「社長」と呼ばれる人間の愛想が悪かったからだとかで、
いろいろコキ下ろし合いますが、それもなかなかユニークで面白いものです。


それではみなさま、また来年の来週ころ。


シベリアンニュースペーパー /阿守 孝夫

2012.12.30

サンデー写真館 年末号

こんばんは〜

今年も残すところあと1日ですね

いや〜なんだかんだと忙しい1年だったな〜と振り返ったりしております

で、いろいろ撮ってた写真なんかを見ながら

振り返ってみようかと思います

まず1月

シベリアンの合宿でしたね

山奥に閉じこもってひたすら制作



最後はみんなぐったりでした



青山CAY

2月は何もなかったはず?

3月も合宿



4月、桜もいい感じに咲いてた頃



アルバム「0」のレコーディング、スタート



エレキもいっぱい録音しました



で、無事に終了の記念写真



5月はワンマンツアーがありましたね

名古屋クラブクアトロ

心斎橋JANUS

渋谷O-Crest



ちょうどこの頃に無伴奏ソナタの曲のレコーディングもありました

6月は「Kimi ga Hoshii」のPV撮影

横浜赤レンガ倉庫

栄スプリング

Knave周年



スギテツさんNAOTOさんとストクラツアー

間で「0」のミックス作業や



無伴奏ソナタも観劇しに行きました



7月

11日アルバム「0」リリース!



大塚GRECO

茅ヶ崎の浜辺でライブ

田舎に帰ったときに甥っ子たちと早起きしてラジオ体操



8月

レコ初ワンマンツアー

名古屋クアトロ

心斎橋BIGCAT

渋谷DUO

オーボエ・みやむぅと記念写真 渋谷DUO

9月

中洲ジャズで初の九州博多へ



神戸チキンジョージでBARAKAさんと2マンライブ

10月

ミナミホイール

神戸チキンジョージ「勝」



11月

カメラゲット



12月

名古屋千種小劇場



博多GATE’s 7



保護者テリー



阿倍野ロックタウン



そのまま東京へ



Ottava Foresta ラジオ公開生演奏



恵比寿アクトスクエアー





NHK-FM 土曜日レディ

こんなもんか?ってくらいあっさりしてる気がしますが

濃い1年でございました

バンド的にも個人的にも

すごく面白い年だったと思います

さて来年はどんな冒険が待ってるのか〜

楽しみですね♪

では皆さん!

よいお年を〜!!



サンデー真鍋

2012.12.30

今年最後の大仕事

今晩は今年最後の土曜日担当ヤマトコであります。

知らぬ間に2012年も終わりを告げ、後2日もしたら2013年突入なんですね。早いとゆうかあっとゆう間とゆうか・・・

さて、皆さんはどんな1年だったでしょうか?良いこと有りましたか?僕は勿論あります!

そうですよ!今年は新譜「0」の発売があったんですから!

今まで8割がコントラバスでのレコーディングで、「0」は逆に8割がエレキベースでのレコーディング。色んな意味での「0」となりました。そう、今までとは一味変わり新たな出発としての「0」と僕も相成りました。本当良い一年だったんではないでしょうか?

更に個人的な事で申し訳ありませんが、新たな家族も持ちました。

今までは4輪で生きてきた僕が「0」の原点に戻り2輪へと移行しました。そう、大型2輪免許取得&Ducati monster796取得。そう、4足歩行から2足歩行への進化を遂げました。



懐かしいです・・・タイプーR。やっぱ乗り物は白が良いですね。僕は好きです。ドカは赤が企業カラーなんですがここは敢えて白!ツーリングでも珍しいみたいで結構目をひいています!

もっと色んな事書きたかったんですが有りすぎて後1年は掛かるんでこのへんにしときます。

そして今日は大阪組と0ツアースタッフでの忘年会が有りました!ってゆうかまだ続行中ですね!僕は明日の朝一用事があるのでお先に上がらせて頂きました!



シベリアンからは阿守総帥・藤田“軍司”一宏・ヤマトコ。そして中川岳社長。音響からは後藤さん&久保さん。そして東京事務所代表なべちゃん。マネージャー控え平拓也。更にセカンドアルバムでの録音担当小野こうじバイ。そして!我等が照明!そして舞台監督のテリー大山!!!!!!!!!!!!!!!

何時でもカメラを向けるとメロイックサインでのお出迎え!

今日はとても楽しかった!馬鹿な話で盛り上がるって忘年会ですね~!

そして皆に感謝です!この皆がいたから僕たちは音楽出来るんだ!皆が居るから僕らもいれるんだ!なんと心強い人達なんだろう!そう思いながら久しぶりの近鉄電車に乗って帰ってきました。

今年一年拙い文章にお付き合い頂き誠に有難う御座いました!来年もどうぞ宜しくお願い致します。

それでは皆さん良い御年を!

Siberian Newspaper Bass ヤマトコ

2012.12.28

僕の今年最後のブログ。

みなさん、この一年シベリアンのライブに足を運んでくださりありがとうございます。これからもどうぞシベリアンをよろしくお願いします。

ツアーが終わって一息ついていると御思いでしょうが、来年に向けて打ち合わせや電話の毎日でございます。

みなさんに顔見せ出来るのは1/12日しか決まっておりませんが、ラジオで春にツアーをやると言った手前、毎日それにむけて慌ただしい日々を送っております。

いろいろこんな事が面白いんじゃないかとメンバー、制作スタッフと考えを巡らしていますので、どうか発表出来る日まで御待ち下さい。

それではよいお年を

軍司

2012.12.27

本年もお世話になりました

前の携帯電話で使おうと思ってBluetoothキーボードを買っていたのですが、規格違いで使えず引越し荷物の奥の方で眠らせてました。
それをふと思い出し、引っ張り出して設定してみたら見事接続完了。
まさに今、そのキーボードでこの記事を書いてます。
無駄な買い物にならなくてよかった・・・。
今後はこのキーボード持ち歩いていろいろ書いていこうと思います。
いや〜、ハードウェアキーボードって、ホントにいいもんですねぇ。
こんにちは、平尾です。

今年の当番も今日で終わりですね。
毎度のことながら今年もいろいろありました。

1月には「0」のための合宿がはじまり、1シーズンかけて制作し、7月に無事発売。
その後レコはツアーでライブ音源も発売できました。
中洲JAZZで九州初上陸し、年内にまさかのワンマンライブ。
名古屋の円形&キャンドル、大阪でのオールスタンディング、東京では結城さんとボーカル曲を初制作と、軽く振り返ってみてもわんさか出てきます。

来年は活動範囲を広げていければと思ってます。
せっかく九州に橋頭堡ができたわけですから、西征に力をいれようという話は当たり前のように出ていたのですが、どうやら雷神テリーにはさらなる腹案があるようで、活動範囲が一気に広がるかもしれません。
お楽しみに。

もういくつも寝ないうちにお正月です。
大阪に住んでた頃は初詣には行ってなかったのですが、来年は氏神さんに詣でようと思います。
お正月もどぶろく飲めますんで。

ではまた来年。


平尾

2012.12.25

【2012-12-24(mon) amori】



寒い。


こんなに寒くて本当に大丈夫なのか?と心配してしまうくらいに寒い。
なんかの話で、外があまりに寒いがために誰かが発した言葉が
凍りついてしまい、春になってようやく相手に届くという笑い話を読んだことがあるが、
まるでそんな具合に寒い。


今月はツアーもありいろいろな場所で演奏しました。
もちろん、道中もいろいろありました。
いろいろな人と会うことがあり、いろいろと感じるところもありました。
さて、一体何がいろいろあったんだろうか。


【12月04日 千種文化小劇場】


このホールでは一度はどうしてもやってみたかった、ローソクでのライブが実現しました。
岳ちゃん(社長)とチャーリーとコメダ珈琲で打ち合わせしたのが、まだ外が暑かった頃。
いい場所があるから日程を仮押さえしたよと教えてもらって、
ホールの中はこんな感じと教えてもらったときに、メンバーが内側に向かって演奏すれば、
これはおもしろいと感じました。


ただ、おもしろいと感じただけで、そのあとは放ったらかしにして日時だけが過ぎていきました。
名古屋クアトロでの「0」のレコ発ワンマンのときに、岳ちゃんが作ったチラシを見て驚きました。
白黒で千種文化小劇場がただそこにボケっと映っていて、その絵の上に、
「音楽は格闘技になる!」みたいな訳の解らないキャッチコピーがアジ演説気味に乗っかってました。
※よくよく考えると、このキャッチコピーを提案したのはボクだったかも…。


チャーリーがそのチラシを見て、クアトロの喫煙所でボソリと「ああ、何も伝わりません」と
言っていたのが印象的でした。なんとかせないかんなと思ったのです。
岳ちゃんと相談して、いつもシベリアンの照明をしてもらってるテリーに舞台監督の大役を投げて、
自分たちは逃げおおせようという策に出たのです。
三国志に例えると、しんがりで張飛や関羽が睨みをきかしてるあいだに、
逃げる劉禅とそのお付きのものという感じでしょうか。
テリーはボディビルダーのような肉体とポニーテールなので、また猛将っぽいのがミソです。


そのあと、チキンジョージでのライブの帰りに照明のテリーの車にボクも同乗する機会があり、
千種の舞台なんですけど、何かいいアイデアありませんかね?という話になりました。
テリーが「阿守はどうしたいんだい」と聞いてくるので、
「はい、せっかくだからお客さんが喜ぶようなことしたいです、
劇場を爆破して全壊させるとか、ユニバーサル・スタジオのウォーターワールドの
一番前の席の人のように水をかけられるとか、とそういうのがいいですね。」
と答えるとテリーが呆れ顔になり、そして放った言葉、閃光を放つ言葉。


「ローソクなんか立ててやると、ああいう場所は良さそうなんだけどな」


それ、いただきでした。
100段階評価で、テリーの武力は95で知力は32くらいに設定していたボクなんですが、
一気に知力が87まで上がりました。帰り際に俺もいい年齢だからなあと言っていたのを聞いて、
武力を95から91には下げはしたのですが、やはり猛将です。頼もしい!


【テリー】
武力 91
知力 87
政治 88
魅力 83 (後に博多の車中でのエロ話三昧で25まで下がる)


【岳ちゃん】
武力  2
知力  7
政治 85
魅力 56


そしてローソクでのライブは決まったのはいいのですが、
そこからもう決まった決まったと小躍りして、あとは放ったらかしにしてありました。
そう、何も具体的なことが進まぬままに、どんどんと12月4日は近づいてきました。
ある日、軍司から連絡があり「ローソクの舞台、お前の頭んなかにどんなアイデアがあるんだ」と
聞かれました。
言われた通りに自分の頭のなかをのぞいて見たんですけど、ロバがのんびり草を食んでる、
そういう場面しか出てこなくて、アイデアはあるようなないようなですと答えました。


でも、後日こんな感じにできればいいなというのがあると軍司に伝えると、
軍司はそれに向けて色んなところに掛け合ってくれました。
テリーが舞台図面や役所への申請などをしてくれ、軍司はテリーとのコンタクトを取ったりして、
ローソクのライブでの予算や火気申請の面でどうすれば実現可能かなどの練ってくれました。


最終的に自分たちでローソクを買ったほうがいいだろうということになり、
ボクと岳ちゃんと軍司でレンタカーを借りて神戸にショッピングに行きました。
その数日前にボクが岳ちゃんにローソクのことで、名古屋の業者をあたって欲しいという
旨をメールしたときの返事がこんな具合でした、「ちょっと、わからんなあ」。


この、「ちょっと、わからんなあ」の成分を調べるために、
ボクの頭にある言葉の遠心分離機にかけてみると、次のような成分が出てきました。


「ああ、頼む、今さら面倒くさいことオレにふらんといてくれ。
オレはラジオでちゃんと宣伝してるやろ?やることやっとるんやで、
ローソクでもなんでもしてくれたらええわ、
火事だけ起こさんかったら、何してくれても構わんから、
もう難しいことは言わんといてくれ、オレを巻き込まんといてくれ」と。


そう思ったので岳ちゃんも半ば無理やりショッピングに同行してもらったのですが、
意外と男三人でのショッピングは楽しかったのです。


さて、話が前後しましたが。
ショッピングの数日前にそろそろローソクを何本立てて、どうするのかということを
詰めないといけない時期になり、昼から軍司と会い、お好み焼きを食べてそのすぐ後に
うどんを食べてというよく解らないスケジュールで夕食を済ませ、
そして夕方から北浜でギネスを飲みながら打ち合わせをしていました。
けれど、どうにもアイデアがまとまりません。
後になって山本さんとテリーが合流して、テリーからも一体どうしたいんだと言われました。


ボクが「そもそもローソクのアイデアって…テリーが車のなかで言ったんじゃなかったですかね?」
というとテリーが俺!?というような顔をします。
ボクがそのまま続けます。
「いや、確かテリーがローソクがいいぞ!って言い出したと思うんですよ。
だから今回の主犯はテリー君ですよ。いや、そうに違いない。
さて…、テリー君にお伺いしますが、一体どうしたいんですか?」
万事休すだったはずのテリーから出てきた言葉、珠玉の言葉。


「いや、俺は単純にサラ・ブライトマンのようなシンプルなステージが幻想的でいいなと思ったんだ」


その場ですぐに被告人テリー君の指示のままに、YOUTUBEでそのステージを確認しました。
そしてボクと軍司の二人ともこう思ったのです。


テリー先生、それ、いただき!


それが決まると、セットリストも勝手に出てくるくらいの、
頭の改革でした。ロバはいつの間にかいなくなり、千種の舞台が明確にあらわれました。
軍司のアイデアでゴーリーの曲をプレゼントにしようというのもあり、
セットリストに組み込んでくれというのも、とても効果的なアイデアでした。


音の作り方として難しい舞台ではあったけれど、
百戦錬磨の後藤さんに音響をお願いすることが決まり、そこも安心でした。
※後藤さんとは数年前に旭区民ホールでの演奏で一緒に仕事をした仲です、
個人的にあの日は自分にとって特別な日なので、忘れることはありません。


さて、岳ちゃんにも何か当日仕事がないものかと考えました。
そもそもの千種の火付け役は岳ちゃんなので、文字通りキャンドルの点火をお願いしました。
暖房の効いた劇場で、ひとりエスキモーのような帽子をかぶって、点火をする岳ちゃんを
想像すると笑いがとまりませんでしたし。しかもそれが真っ暗な中でのことなので、
誰にも舞台で誰が何をしてるんだかよく解らないという珍妙な光景が、たまらなくおかしかったです。


開場前にどうしてもタバコを吸いたくなり、劇場内は全館禁煙なので外に出ました。
扉の向こうに出ると、そこは当日は凍えるようなとても寒い日だったにも関わらず、
劇場の外で並んでくれてるお客さんの最後尾になるあたりでした。
こんなに寒いのに開演を心待ちにしてくれてる光景を見て、胸が熱くなりました。
演奏が終わって会場から出るときには、寒さなんて感情が吹き飛ぶような、
演奏にしてやろうと思いました。


当日のリハはとてもシンプルでした。
雄作のアイデアで、世界の果てに連れ去られのテンポをセットリストの構成上、
少しだけ軽く速くしようという程度で、リラックスしてリハーサルを終えることが出来ました。


軍司からこの日のSEを決めてくれと言われていたので、
シガーロスの「HEYSATAN」にしました。
ある人が「まるで、人が生まれてから亡くなるまでの全てのよう」と評した曲です。


そう、あの曲が鳴り響いた瞬間から、千種文化小劇場はお客さんやスタッフや演奏者という
垣根を越えて、新雪が降り積もった朝のように境界線がフラットな状態となり、
みんなで言葉にならない何かを共有できたと感じました。音楽に溶けるというのでしょうか。
自分という存在がミストになって、そして音と混ざるような感覚がありました。


本当は名古屋から先日のNHKまでの流れをざっくりと書いていこうと思ったのに、
今回は名古屋に特化した形になってしましました、書き出せど尽きぬ思いが各公演毎にあるものです。


お越しいただいた人、みんなにありがとうを今さら言います。
また何かしましょう。爆破や水かけ以外で考えておきます。
メリー・クリスマス。





次は博多のことを書こうっと!
そう、テリーが魅力を下げた、あの日。

2012.12.23

サンデー写真館 平尾特集

いや〜

シベリアン年内のライブ全終了ですね

いろいろ忙しかったですが

充実した1年だったんでないでしょうか

さて、今日はですね



なぜかメンバーの中で1番写ってる数の多い

パーカッション平尾特集でいこうと思います





毎回、良い表情でポーズをとってくれます



シルエットでも平尾





良い顔ですな



ツアー中のツイットはまめに更新



その先に何が見えているのか

いい味出てますね

他のメンバーのも、もっと撮らないとです

ではまた!



サンデー真鍋

2012.12.23

納めました!

今晩は!土曜日ヤマトコであります!

年末のツアーも無事終わり、今年最後のシベリアンも今日無事終わりました!

NHK-FM 土曜日レディ パーソナリティ 杏子さん!

演奏曲

crossing the tundra

the mint

トークも面白く良い一日とさせて頂きました!

ホストの杏子さんは元バービーボーイズのヴォーカルとして僕が中学生の時に好きで聴いていたお人です。僕はとても感動してまともに目も合わせれないほどの人でした、しかもお若い!昔となんら変わりのない素敵な女性で本当感動しました!

無事にラジオも終わり、皆で少しサ店でコーヒー軽食を頂きながらお話をしまして、東京組と「良いお年を~」の御挨拶。

そこから皆少し気疲れしたんでしょうか、車内はグッタリ・・・都内を運転して頂いた軍様!おつかれさまでした!



そして東京で演奏したのになんと!その日の内に大阪に帰ってこれました!これはゆっくり休めます!これから平尾さんは香川にお帰りになる前に我が家でゆっくり出来てほんと良かったと思います!これからまた3~4時間バスで揺られると思うと今ゆっくり出来たら体も楽ですもんね!

そして、車内で聖飢魔ⅡやANTHEMをかけてくれてたアモサンもアザース!御陰で海老名から大阪まで走破出来ました!

さて、後はゆっくりお風呂入ってゆっくり休みます!

皆さんお疲れ様でした!そしてツアーに来て頂いたお客さんの皆さん!もお疲れ様でした!

有難うね!!!!



*福岡の街に消えていく総帥と軍司様。

ヤマトコ

2012.12.22

NHK FM

本日14時15分ぐらいから、NHK-fmに出演します。みんな聞いてね。

なぁんにも予定のない前日入りは楽しい!



軍司

2012.12.20

あとひとつ

携帯電話を新しい機種に変更してルンルン。
こんにちは、平尾です。

今年の行程も残すとろこあとひとつ。
明後日のNHK-FMへの出演&生演奏のみとなりました。
NHK-FMなので、全国で聴けます。
皆さん、聴いてください。

明後日午前中に現場入りしなくてはならないので、明日大阪を出発します。
私は早朝に香川出発です。
香川に引っ越してはや10ヶ月。
振り返ってみればバスに揺られ車に揺られ、揺られ揺られた1年でした。
来年はもっと揺られます。
とにかく今年はもうひと揺られしてきます。


平尾

番組宛にお便りお待ちしております→http://www.nhk.or.jp/lady/
らじる★らじるがあればパソコンやスマートフォンでも番組を聴けます→PC / スマートフォン

Next »