Home > 8月, 2013
2013.08.31

夏から秋

今晩は土曜日ヤマトコであります。
もう八月も終わりですね、これから残暑厳しい日々が続きますが皆さん体調崩さない様にご自愛下さい。

さて、この夏私は38を迎え、完璧なアラフォーとして君臨しております。で、このアラフォーはこの夏ツーリングに出かけ散々な目にあったのを先週お届け致しましたね。
何でしょうか、ここ最近全くタイミングが合いませんね。でもこんな時期もありますよ!と自分に言い聞かせております。

いくつかこの夏に撮った写真を。
DSC_0511

DSC_0503

DSC_0492

 

さて、九月からはシベリアンも動き始めます!まずはストクラツアー!今回は西日本の行った事の無い土地に赴くので楽しみでごわす。正月ごわんそ!!

それでは体調を整えつつ、皆さんにお会いするのを楽しみにしておきます!

 

ヤマトコ

 

 

2013.08.29

作業スペース改革と思わぬトラブル

今年もチンキジョージ専務・勝さんの誕生日が近づいてきました。
今年は斎藤さんというチェリストを迎え新たなユニットでお祝いします。
しかし私はまだ斎藤さんに会ったことがありません。
まずは斎藤さんに会うのが楽しみです。
こんにちは、平尾です。

さて、今日はウチに生息し、時々母を刺す困り者の蜂の話をしようと思ったのですが、今しがた作業スペースの模様替えが終わったのでその話でも。

少し前にKalafinaのライブを見に行った時、立ちっぱなしは辛いけど、体がなまっているのは情けない、みたいな話をしたことがあると思います。
その時に、「家の作業台を座り作業から立ち作業出来るようにしてやろうか」みたいなことも書いたと思います。
それを今日ついに実行したのでお知らせします。

・・・とここで画像を貼り付けようとしたのですが画像のアップロードが出来ない!!
なんでや?
今日なんかサーバーでトラブルがあったとかいうお知らせ来てたからそれが原因やろか?
それともこないだブログのデータベースアップグレードしたのが原因か?
とにかく一旦データベース再インストールじゃい!!
「申し訳ございません。提供を一時的に停止しております。」
なんじゃそりゃあ!!?

しかたがないのでFTPでアップロードして貼り付けます。



作業台はこんな感じです。

今もこの作業台で立って記事を書いているのですが、なかなかの使い心地です。
でもまだ30分程度しかたってないのにもう足が痛くなってきました。
やはりかなりなまっておりますなぁ・・・。
この作業台で鍛え直します!

さて、画像がアップロード出来ない件、どうしようかしら・・・。
今はサーバーからの連絡待ちですが、早いとこ解決したいなぁ・・・。

 

平尾

2013.08.26

【2013-08-26(mon) amori】

【2013-08-26(mon) amori】

大台ケ原のロッジの大部屋に泊まることになったボク。
取り敢えずは部屋に行ってみることにした、
行ってみると布団が20組ほど広い座敷に用意されていたが、
人影は見当たらない。
フロントのおばさんから聞くところによれば今日はこの部屋に泊まるのは、
あと3名だそうだ。

「やっぱり、登山客ばかりだから明るいうちには山中にいるのか」と思い、
ロッジで出される食事の時間まですることもないので、
温泉に入ることにした。
大浴場とはいえない広さの温泉には予想に反して、まあまあの裸体が転がっており、大部屋には人が少ないけれど、ロッジの個室宿泊客は結構多いんだなと感じました。シャンプーがなかったのでボディーソープで頭を洗ったら、
頭髪がキシキシになっていい塩梅でした。

バスタオルも洗面用具も何も持ってきていないので、
全部をありもので済ませたけれど、そんなに不自由はありませんでした。
そりゃあそうだ、ボクの当初の目的は天気がいいから水をくみに来ただけだもの。

バスタイムを終わらせて部屋に戻ってくると、布団におっさんが転がってた。
おっさんの布団の隣には姿は見えないが、おっさんとつがいであろうことが簡単に想像がつくおばさんの持ち物であるリュックなどがあった。
おっさんがボクの気配に気がつき起き上がったので、ボクも挨拶しなくちゃと思い「阿守と言います、よろしくお願いします」とお辞儀をしたら、
おっさんも「ああ、長谷川と言います」と挨拶を返してくれた。

ボクの頭の中のメモ帳に書き込まれる。
【相部屋の3名のうち2名の身元判明、長谷川夫妻】と。
依然として奥さんは姿を見せないが、まずは間違いないだろう。
残るはあと1名。

18時が夕食の時間ということで、食堂に行くとしっかりと食事が準備されていた。
チェックインのときに朝は何時に出られますかと訊かれたので、
普通に朝から大阪で仕事があるので、ここを朝の5時には出てなければいけないと答えると、フロントの人に笑われながら、お弁当を用意しておきますねと言われた。
そのお弁当が夕食の横に紙で包装されて並んでいた。
まるで修験者の気分である。

夕食の献立は

ご飯
みそ汁
アマゴの塩焼き
胡麻豆腐
その辺でとれたイノシシの肉

そして、こっそり持ち込んだギネスの黒ビール。

食堂は閑散とした大部屋とは反比例するように、
他の宿泊客などでにぎやかだった。

食事が終わり、部屋に戻ったが外はまだまだ明るくて星は見えない。
どちらにしても一日遅れとはいえ、ペルセウス座流星群のピークは
深夜0時から3時のあいだ、朝の5時にはここを出発することを考えると、
今のうちに寝ておいて深夜に起きるのが一番であろうと判断して、
布団を敷き横になりました。

すると、もう一人中年の男が部屋に入って来ました。
ボクは心の中でとうとう最後のメンツが姿を現しましたねと思い、
先ほどの長谷川さんのときのように挨拶をした。
最後の一人は楠山さんという人であった。
とても落ち着いた感じの人で、すばるホールの星空解説員だった向井さんのような印象。ただ、彼の皮膚は日焼けで真っ黒なので相当な時間を太陽に照らされているんだろうと思った。
こいつは山のプロだなと、直感でボクは感じた。

大台ケ原のような登りやすい山は、こういうプロからすれば大学生が幼稚園に行くようなものだろうと考えていたが、ボクの考えは甘かったようだ。

なるほど、「一流は場所を選ばず」ですか。

一応、ボクは星を見るために夜中にゴソゴソするかも知れませんがと楠山さんにことわると、気にしないで下さいと言って下さった。

さて、それでは夜中になるまであとは寝るだけだとボクは布団に寝転がり目を閉じた、やっぱり山の上は静かである、自分の寝息しか聞こえない。
自然のままの涼しさに身を委ねて久しぶりに心地よく寝た。

その瞬間である!

「なんやぁ!もう寝てんのかいな!」とドラ声が大部屋に鳴り響く、
驚いて顔をあげると赤ら顔の長谷川のおっさんが、
何が面白いのか全く解らないが、ガハハと笑いながら奥さんを連れてご機嫌に部屋に帰ってきた。
気がつくとすでに楠山さんは部屋にいなかった。

ボクが、自分は流星をみるために今のうちに睡眠を取ってるのだと説明すると、長谷川のおっさんはボクにこう言った。

「流れ星?流れ星なんか見て、どないなるんや」

長谷川真紀男(以降、マキオさん)、65歳との出会いはこうして始まった。

ボクが大台ケ原は星がとても綺麗に見えるというので有名なのですと説明すると、そしたらここにおる奴らは全員それ目当てなのかと言う。
それは違うんじゃないか、あえて言えば星を目的に来てるボクの方が少数派だと思うと補足すると、マキオさんはボソッとこう言う。

「ここって、何するとこなん?」

ボクは呆気にとられて、そしたら逆に質問させてください、
長谷川ご夫妻は大台ケ原に何をしに来られたのですか?と聞いた。
するとマキオさんは自信満々にこう言う。

「いや、なんかあるいうから来てみたんや、ようわからんけど」

ボクは奥さんに万事こんな感じなんですか?と聞いてみたら、
そういう感じなのだと教えてくれた。
この前はようわからんけど何かがあるというので、
タクラマカン砂漠を超えて新疆ウイグル自治区まで行ってしまったのだとのこと。怖るべし。

阿守はどこから来たんだとマキオさんが聞いてくるので、
大阪から来ました、泊まるつもりはなかったので明日は仕事なんですと答えた。
マキオさん夫妻はどちらからとボクが聞き返すと「ん?俺?マンハッタンから」とガハハと笑いながらベタな関西人のジョークが返ってきた。

でも、名刺をもらったら住所が本当にニューヨークのマンハッタンだったのには驚いた!
もう33年もニューヨークで生活してるのだと教えてくれた。
実家のある大阪の家を売りに出してて、
それが売れたので一時帰国して暇ができ、
なんかあるらしい大台ケ原に来たとのこと。

行き当たりバッタリも自分だけではないことを知ると、
なんだか愉快にもなるし、心強く思えた。

卵を割らなければ、オムレツは作れない。

明日のことばかり考えてて、今日を穏便に何もない一日にしようと思わずに良かった。
ラヴェルのボレロと同じで曲の最後にどんでん返しがある一日だってあるのさ。
そんな一日を見過ごさないでとみんなに伝えないといけない。
人生は可能性ばかりで、可能性を否定するのは自分だったする。

ボクは星の時間まで寝ることを諦めた、
紀伊山地のことや山岳仏教のことや流星群のことを長谷川夫妻に説明する。
すると奥さんがこんな話しを切り出した、

「私は元は東京の人間でこの辺のことはよく解らないんですけど、
なんでも坊主を中から出られないような船に押し込めて、生きたまま海に流すという行があったと聞いたことがあるんです」と。

ボクがそれは紀伊半島の南、那智の辺りで実際にあった風習であり、
海から生きて帰ってきてしまった坊主を村の皆で殺したという伝承もあると説明しました。
マキオさんは隣でふんふんと聞いている。

ただ、それがなんという名前の行為だったのかボクも奥さんも出て来ない、
ネットで調べようにも電波が繋がりにくく、アクセスできない。
そんなときに楠山さんが部屋に帰ってきて、静かにこう言った。

「ははあ、補陀落渡海ですね」

続く。


2013.08.25

DSC_0500.JPG DSC_0504.JPG DSC_0506.JPG DSC_0509.JPG DSC_0499.JPG

今晩は、土曜日のヤマトコだす。

現在休みを頂いて関東にツーリングに来てます。
予定は富士山に登る予定だったのですが、今の関東は雨です…雨です…雨です…雨です…雨です…雨です…雨です…

えぇ、新幹線の代わりにバイクで来たみたいですよ、ほんまに…
更に間の悪いことに私この旅行中に風邪をひいてしまいました。何か体がダルくて500km 走行の疲れかな?と思ってたのですが、寒気と鼻息が熱いのに気付き、これは風邪です。と相成りました。何年ぶりかの風邪をこの旅行中に頂くとゆう更なるミラクル。
昨晩は薬をがぶ飲みし、毛布にくるまり、冷房を切り、いっぱい汗かいて、いっぱい水飲んで、着替えて、やっと今朝良くなりました。

さて、出発前に入念に洗車し、ツーリングバッグを装着!
この時既にシャツはびしょ濡れ…
良い天気でした!
しかし、暑い…上が太陽、下がエンジン…成る程、地獄に落ちて灼熱地獄に配属されたらこうなるんですね。
しかし、まだここは天理。先が長いです。

約8時間を費やし海老名サービスエリアに到着。何故だか今回は疲労困憊でした。乗り方変わったのかな?手と腕と肩と腰が痛い。
途中雨にも降られましたが、想定内なので雨具装着でサウナ状態での移動。また痩せるよ…

その後友人と夕食。
きくち屋のラーメン。
最近のお気に入りラーメンです。豚骨醤油で太麺。文句なしです。

その後見事に風邪をひき、金曜は雨も相成ってお休み。

このまま何も無しで帰るのは嫌だ!
なので今日夕方雨雲が晴れた時を利用し、先程鎌倉と江ノ島まで走って来ました。
夜走りは涼しくて気持ち良いですよ〜!
さて、見事に休みを満喫出来たのかな?たぶん出来たんだろう。そう思い込んで明日大阪に帰ります。
え?天気?えぇ、勿論雨ですよ。

それではお遍路の様な神奈川〓大阪の移動を楽しんで来ます!!


ではまた気力があれば来週も書きます。

ヤマトコ

2013.08.23

実家に帰ってきました

ほんの一瞬ですが、墓参りのため帰省してきました。じいちゃんとばあちゃんのお墓から見える景色です。

最近気づいたけど昔の人はこの場所が、うちの近所で1番いい景色だと知っていてここに墓地をつくったんでしょうね。僕もここから見える景色が好き。小さい頃からほとんど変わってない。この道、車が通れないので小さい頃自転車の練習をしてた。補助輪外して田んぼに突っ込んだこと覚えてる。

実家に住んでた頃なんて都会に憧れていたので、こういう景色なんてじっくり眺めた事なかったなぁ。高いビルや5分おきの電車にわくわくしてた。

気づいた事といえばもうひとつ。水道管の工事などで、道路を掘り起こす工事をたくさんやっているけど、最近、境目を消すのうまくなりましたね。以前は、掘り起こしたところだけ段差になっていて、道路の見た目も悪いし、歩いてて引っかかるし、でも今は境目キレイですね。ピタァーーーーーってなってる。新しい技術か機械なのか、それかうちの近所は凄腕の職人がやっているのか、どちらにせよ素晴らしい仕上がりに毎日眺めています。



藤田

2013.08.22

新しいパソコンとゲームの話

寝るときに足の裏が異常に熱くて眠れない日々が続いておりました。
あまりに暑いもんですから腹にタオルケットかぶせて足は放っぽり出したままという体勢でした。
しかしあまりに足が熱く「これはちょっとおかしい」と思い調べてみたところ
「冷え症です。足首やふくらはぎが冷えてませんか?」
との検索結果。
そんな馬鹿な!?とひざ下あたりにタオルケットをかぶせたところ、嘘のように足の熱さが治まりました。
人体って不思議ですね。
こんにちは、平尾です。

先週の冒頭で少し触れましたが、新しいパソコン買いました。
部屋でごろごろしながら触れるのがいいなぁと思い、タブレット型にしてみました。


こう見えても一応Windows8搭載です。
軽さを求めたので性能は抑え気味なんですが、さすが8は起動・終了が早いですね。
ただ、タッチ精度は非常に中途半端で、タッチでの操作性はAndroidタブやiPadのほうがはるかに上です。
諸事情によりFlashをつかえる必要がありまして、SurfaceRTかこのIconiaTABかで迷ったんですが、なんとなくRTはこのまま自然消滅しそうな雰囲気だったのでこちらにしました。
まぁまぁ使えてます。

さて、話はかわりまして、先日山さんの家にお邪魔した時、時間が空けばとりあえず「ゲームセンターCX」を流してました。
前々から気になってた番組だったのですが見る機会がなく、初めて見たのですが、予想通り私の好きな感じの番組でした。
で、あの番組をずっとみてると、やはりレトロゲームがしたくなるんですね。
なのでレトロゲームの詰め合わせになってるこいつを買いました。


完全に番組の商法にハマってますね。
完全に私ら世代を狙い撃ちしたソフトでした。
凡ミスでゲームオーバーになってちょっとイラっとした時に「あ、この感覚懐かしい」と思ってしまいました。
2欲しいです。

では今週はこの辺で。


平尾

2013.08.21

フェス

先日、北海道のRising Sunに演奏しに行ってきました。久しぶりのフェスでしたが、楽しゅうございました。ストクラもうすぐですね、今年は福岡まで行けるという事で、ライブのみならず色々と楽しみです(主に食べ物)。そういえば、また警棒持たされるんやろか…

雄作

2013.08.20

【2013-08-19(mon) amori】

先日、白樺湖の花火大会に出くわしました。
ちょうど花火大会だったそうで、大人になってから花火大会に行ったことがないボクは、ちょっと覗いてみるかと、白樺湖畔に腰をおろして花火を見ました。
白樺湖自体が大きな湖ではありません。

小さい湖だから、
すぐ目の前で着火しているような迫力で見る花火は愉快でした。
酔っぱらってたので愉快だったのもあるけれど、あの夜空にパッと火花が咲いたあとにやってくる爆発音によって地面が響いてるのがたまらなく気持ちよかった。

文字どおりシビれました。

子供の頃に見た花火と大人になってから見る花火とは、
心の響く部分のどこかが違っているように思え、
また、どこも変わってないようにも思えました。
ずっと終わってくれるなと願いましたが、やっぱり終わってしまいました。

花火を見てると、なんだか知らない誰かと会えた気になった。
いや、人じゃないな、何か特別にこの世界の秘密を知れたような気持ちか。
来年も見たいなと思いました。蚊はいない、人もいない、涼しいし。
とても静かだし。やっとワガママな自分にあった花火大会を見つけたのです。

しんどいしんどい、世の中なんて嫌にならぁと思って生きてるボクですが、
歩いてみればなるほど世の中は広いもので、自分とフォルムが偶然にも、
ピタリと合うものがあるもんだと嬉しくなりました。
運がいいとは、そういうことなのかも知れません。花火大会も然り。

100の苦労なんて、1の幸福で帳消しになる単純なボク。
自分も誰かにとってそういう存在になりたいなとおこがましくも思うのです。
慈善でもなく、偽善でもなく、限りなく、ごく自然に。

話は変わって先週のペルセウス座流星群は見ましたか?

その日、ブログを書き終えてボクは宣言どおり寝てました。
ただ、次の日が雲ひとつない快晴で、このままではもったいないと感じ、
日中、奈良の天川村に「ごろごろ水」をくみに行きました。
このお水で炊いたご飯はいつもと同じお米なのか!?と思うほど格別です。

お昼過ぎには、お水を汲み終えたので探検がてらに、
紀伊山地で冬期通行止めで行ったことのない道を車で行きました。
まあ、対向車がきたら何度も切り返ししたり、来た道を戻ったりという、
3歩進んで2歩下がるというような道が続きます。

そう、酷道(国道)や険道(県道)が大好きなのです。

そのうち、せっかくだから大台ケ原山頂に行ってみたい気持ちになりました。
日本でも有数の年間雨量を誇る日本百名山のひとつ大台ケ原。
ミーハーなボクは日本百選のようなものがつくと気になります。
でも、あまのじゃくなので素っ気ないフリをします、そして乗り遅れます。

乗り遅れたと言えば、つい最近、やっとハウルの動く城を見ました。
あんなに素敵な映画がありましょうか。ボクだってハウルになりたい。
いや、ソフィーにもなりたい。カカシでもいいからあそこに連れてって欲しい。

ボクは退屈してるんだ!!

ということで、大台ケ原の山頂まで行きました。
いや、山頂ではないのかあそこは…、でも、似たようなところです。
大きな岩に「大台ケ原」と書いた駐車場のある場所です。
標高は1600mほどあるので比較的に涼しかったけれど、
到着したのが17時前後なので大好きな星を観測することも出来ません。
人は、まばらで多くありませんでした。

夜まで時間をつぶすそうにも、さて、どうしようかと考えて、
大台ケ原の見どころ案内を係りの人に聞くと、日出岳がいいですよと言ってくれる。なら、そこに行こうかと思って今の時間からでも行って平気かと尋ねると、「行けますが、クマが出るので自己責任でお願いします」との一言が返ってきて、一気にボクの行軍意欲は無くなった。

なまじ、言葉の通じない相手がボクは苦手である。
もし出会ったが最後、向こうはボクに対してDVしてくる気が満々なのだろうから。たまったものではない。
天気はいいけれど夜までここにはいられないなと思い、
どちらにしても翌日朝から用事があるので無理をしては体に毒です。

すると、目に入ってくるのが「心・湯治館 空き室有り」の文字。
ふうん…。山荘のようなところである、ロッジというのかな。
宮沢賢治の世界のようにスルスルと受付に誘い込まれる、
どれどれと思って値段みると、大部屋の雑魚寝で7000円近くする。
個室になると10000円近くだった。

さすがに夜を待つためだけに、この値段は払えないなと思いました。
明日は朝から仕事があるのだから!
いっそのこと、空よ早く曇ってくれと願いました、
空が曇れば星なんて見ることが出来ないのだから。

全然、曇る気配がありません。
これはいよいよ泊まらなければいけなくなりそうだと危険を感じたので、
山荘の欠点を探し出すために周囲をみると、
玄関口にステンレス製のリクライニングチェアがありました。

180度までシートが倒れるもので、
あそこにもたれて一晩中ボケっと星を見ることが出来ればどんなに素敵なんだろうと想像しました。
星を見るときの一番いい姿勢は寝転がることです。
立ったままだと首が非常に疲れます。

実際にどんな具合なのか、こっそり置いてある椅子に寝転がってみました。
ああ、ダメだ。最高だ。参った。

取りあえず、今日が終わらなければ明日は来ない。
明日なんてどうなるのか解らないし、今日が明日の種である。
今日、何をするかで明日が変わる。
今日を遠慮する人間が、明日に好まれるとも思えない。

はい、不本意ながら泊まります。
断わる理由がとくに見つかりませんでした。
受付のおばさんはその悶着を知ってか知らずか、笑ってた。

でも、赤の他人と大部屋で雑魚寝とかは無理だから、
個室にしますと言うと受付のおばさんが
「今日は人が少なくて20人部屋に今で3人しかいないからラッキーだ」という。
それでも、値段が高くともボクは個室がいいと言ったが、
不思議なことに個室は空いてるのに、
おばさんが半ば強制的に「面倒くさいから、大部屋で雑魚寝にしなさい!」と決めてしまって、ボクは大部屋になってしまった。

ただ、この相部屋の3人が随分と狂っていた。

1分が60秒だって誰が決めたんだ!
バカバカしい!
俺は従わんぞ!

というような面々だったのだ。

それはまた来週。

2013.08.18

サンデー写真館 海

暑い日が続きますな。。。
そんななか
昨日ですね海に行きました
ライブでビーチに行くことはありましたが
楽器なしで行くのは10年ぶりぐらいなのかな?

到着後、駐車場から15分ぐらい

トトロが出てきそうな山道を歩き


抜けたら一面の海〜

暑いけど気持ちいいですね〜

僕は穏やかな瀬戸内海育ちなので
こんな景色は新鮮なのです


赤いスカーフの行方「まだ事件は終わってませんよ」的な?

Tシャツやと夏を楽しんでるようにしか写りませんねw

バーベキューして飲んで騒いで
まぁ入らないだろうと思って
海パン持たずに行ったのが失敗
来たままの格好で海に突入してしまったり(もちろん着替えも持ってない。。)

ちょっと太陽が沈み始め



手に乗せてみたり?


黄昏れてみたり?


散々楽しんで帰ろうとしたとき


ん?


富士山!


これは贅沢です
BGMは「今日の日はさようなら」ですね

最後まで見届けて帰りました


ずっとズボンが湿気った状態で帰るのは少々つらかったですが(笑)
多分、今年最初で最後の海だと思うので
来年行く機会があったら海パンは買っていこうと心に誓いましたとさ


泳いで気付いたこと
体が思うように動いてくれませんでした
順調に歳はとってるようです

本日は筋肉痛なり

サンデー真鍋

2013.08.17

夏のツーリング

今晩は、最近少々病んできている土曜日ヤマトコであります。

どこが病んでるのか?えぇ、特にはないんですが敢えて言うのであればバイクで遠出を全くしていないからです。最近は忙しくて何も出来てない。なので来週半ばから恒例の夏のツーリングに行って来ます!久しぶりだなぁ、まぁ今回も関東の友人と一緒に走りに行くんですが、友人が車検を通したついでにカスタムしたらしいので楽しみです!

その前哨戦ではありませんが、先日朝早く起きて奈良の山中まで涼みに行って来ました。

勿論大阪府内と奈良市内は車も多く暑いんですが一歩山の中に入るととても涼しく、半袖では少し寒いくらいでした。



天気も良くて気持ち良い早朝走行が出来ました。

いつもロングドライブは行きはとてもwktkで時間があってないような感じなんですが、帰りはもう修行・苦行・死行。

頭の中では般若心経を唱えながらバイクの上で即身仏状態でしがみついてます。

最近は夕立が殺人的な勢いなんで安全運転で550km走破したいと思ってます!着いたら家系ラーメンで疲れを癒したいと思ってます!

では来週は何枚か写真を上げれたら良いなと思ってます!

ではまた来週!

ヤマトコ

Next »