Home > 9月, 2013
2013.09.30

サンデー写真館

ようやくツアーの疲れも取れまして
通常業務に戻ってますが
一週間早かった〜

今週はですね
先週にもちょっと載せましたが
久保くんから頂いた写真を
どば〜っと載せますね〜

 

IMG_4804 IMG_4809 IMG_4825

IMG_4828 IMG_4835

IMG_4850 IMG_4868

IMG_4852 IMG_4861

IMG_4870  IMG_4919

IMG_4974 IMG_4953

IMG_4932 IMG_4968

IMG_4982 IMG_4979 IMG_4881

IMG_4984  IMG_4994

IMG_5017 IMG_5000

IMG_5030 IMG_5055

IMG_8592  IMG_5075

IMG_5069 IMG_5083

IMG_8597 IMG_8608

IMG_8613 IMG_8617

IMG_5089 IMG_5091


 

おまけ

先輩方に混じって
緊張の面持ちで頑張ってますね
IMG_5451

 

ラストシーンをもう一度♪
IMG_8680 IMG_8683

 

記念写真
IMG_8687

photo by Norihide Kubo

 
久保くん、素敵な写真ありがと〜
またよろしく!

 
ではまた〜

 

サンデー真鍋

 

2013.09.29

またやっちまった・・・

今晩はドニーチョヤマトコであります。
またもや日曜日投稿です。昨日疲れ過ぎて寝てしまったのは言い訳で、言い訳ですよ。

もうすぐISTVAN STEFAN(10・12 難波ディグミー)と斉藤孝太郎さんと愉快な仲間達(藤田&真鍋&平尾&ヤマトコin神戸チキンジョージat勝誕生祭)ですね。色々やらないといけない事が目白押しですよ。

で、最近の僕のバイクはスリップサインが出て来てしまいましたね。そろそろタイヤ交換の時期に来ております。更にオイルもそろそろ3000kmなんで交換ですね、おやおや・・・出費が悲惨ですね。

次はどのグレードのタイヤ入れましょうぞ、ピレリはピレリにするんですが、ディアブロ・ロッソ・にするか、コルサにするか。値段は1万ほど変わりますが、グリップ力も等価交換で変わります。う〜ん。悩む。。。

そして最近平尾さんに「鋼の錬金術師」を頂きました。これが面白い。またもや平尾さんの策にはまり、寝不足の日々が続いてしまいました。ここ最近アニメや漫画にズッポリハマりました。
そして、先日公開された「空の境界」も早く観に行きたいです。いつ行けるかな?空き時間を有効に利用して観に行ってこよう!

 

ではまた来週!

 

ドニーチョ・ヤマトコ

2013.09.27

36歳

を無事迎えました。ありがとうございます。

こうやって、誕生日を迎えた事を言える場所があるという事だけ見ても幸せ者だと思っています。

ありがとう、みなさんに忘れられないように、もっと曲を書いていこうと決意しました。

 

 

藤田

2013.09.26

新参者

少し前に風邪をひきまして、だるさはなくなったもののクシャミ鼻水がなかなか治まりませんでした。
そんな中テレビから流れてきた情報
「今年の秋はブタクサ花粉が猛威を奮っております」
もしやと思い花粉症の薬を飲んだ所、一発で治まりました。
「毎年秋口は風邪ひくわぁ~」
というそこのアナタ!
・・・それは本当に風邪ですか?
一度耳鼻咽喉科に行ってみることをオススメします。仮にそれが風邪だとしても。
こんにちは、平尾です。

特に書くこともないので新しく増えた子猫を紹介しましょう。

2013070926-02

2013070926-01
この三匹です。

2013070926-03

2013070926-04

2013070926-05
窓が汚れていてすいません。
この後ちゃんと掃除ときました。

2013070926-06
コイツが一番図太いですね。
他の猫は窓を「コンコン」と叩くとこちらを向くのですが、こいつはひたすら食事を続けます。

2013070926-07
いっちょまえに威嚇してみたり。
今週はこの辺で。

平尾

 

 

2013.09.23

【2013-09-23(mon) amori】

大台ケ原の山荘で星がいい頃合になるのを待つ。
思いつきで宿泊することになったとはいえ、これは良い選択をしたなと思った。
自分の人生において良い選択だったなと感じることは数少ないけれど、
生きている以上、常に人生は枝葉のように分かれているから選択せざるえない。
パブロ・ネルーダがそんな詩を書いていなかったかな。
確か「イル・ポスティーノ」という映画の最後にそんな詩が流れてた気がする。

素敵な映画だった、日本とは違う海を持つ国のお話しだった。
誰でも詩人になることが許される、特別な映画だった。

相部屋の長谷川夫妻と楠山さんに向かってこう言う
「今日はみんなで星を見ましょう、奇しくも本日はペルセウス座流星群が見れる日であります、皆さんお疲れでしょうが…。誰も寝てはならぬ」と。

マキオさんは「なんやもう寝ようと思ってんのに強制参加かいな」とぶつぶつ言い、奥さんのほうは面白そうだと賛成してくれる。
鳥カメラマンの楠山さんは「阿守さん、クラシックもお詳しいんですか?」と意外そうな顔で聞いてくるのでマニアですと回答した。
楠山さんも詳しいのかと僕が聞くと楠山さんは首を横に振り「自分は声楽が好きなだけで、クラシックなんかはカラヤンとベームの違いくらいしか解りません」という。
世間の一般人にカラヤンとベームの違いが語れる人がどれだけいるだろうか、みんな言わないだけで知ってるのだとしたら、世の中は僕が思ってるよりも相当にカラフルでファンキーだ。ファンキー。

マキオさんが、あまり乗り気ではなさそうなので僕が流星群の素晴しさを教えてマキオさんの食指をそそらせる作戦を執ることにした。

「マキオさん、流星群って解りますか?」
「流星の群やろ?それぐらい解んで」
「マキオさん正解です、そしたら流星って何なのか解りますか?」
「あれなんや、ゴミとかチリとか違うの?彗星の」
「マキオさん、正解です、あなた何が不満なんですか?満天の星空を見上げたことありますか?」
「うん、ハワイのなんとかいう火山の上で星しかない空見たで」
「え!それってマウナケア山じゃないですか?すばる望遠鏡があるところじゃじゃないですか!?」
「そうそう、それそれ」

そこは僕がどうしても行ってみたい場所であり、憧れの場所であることをマキオさんに伝え、行ってみた感想はどうだったのかと尋ねると、
「行くまでは良かったんやけど、星待ってるあいだに高山病になって、しんどなって空見てへんねん」とのことだった。
マウナケアは標高4000メートルを超えるので高山病にもかかるだろうが、なんとも勿体ない話しである。

いや、勿体無いどころの話しではない、僕ならば高山病という自身の不遇を排してでも目を刮目し、歯を食いしばって星の光を浴びていただろう。
心頭滅却すれば火もまた涼しというではないか。
マキオ、執着が足らんのだ。豚に真珠だよとはさすがに言えなかった。

とにもかくにも我々の頭がぐるぐると色んな思念を抱えながら回る、そしてそれ以上のスピードで、地球もぐるぐると回っていき話しをしてるあいだに日は暮れた。
頃合みたいなのでちょっと様子を見て来ますと、僕が山荘から出て大台ケ原山頂付近を見回してみると、夜空は快晴で星が近く、天の川がずっと続いてるのが確認できた。これは絶好の機会だ。
そして、その状況を待ち構えていた赤い集団もいる。

赤い集団。

星の輝きは地上の車のライトはおろか、パソコンや携帯のディスプレイの画面であっても失せてしまうような淡いものである。
一等星のような強烈な星を見るにはそれぐらいでは何ともないが、肉眼でアンドロメダ銀河やらオリオン大星雲をみようとすれば、電気の光は何よりも鑑賞の邪魔になり先述したような星の芸術は目では見えなくなる。

しかし、星の芸術をカメラに収めようとする人たちは自分たちのデジカメをパソコンと連動させているために、どうしてもパソコンを利用しないといけない。
そういうとき、赤いフィルターをディスプレイにかけることで電気の光は赤となり、そして赤の光は星の光を邪魔しにくい性質があるのだ。

先日のシベリアンがすばるホールで演奏したにお越しいただいた諸君ならば、ご存知のことだと思うが、舞台の上は赤い照明だったことを覚えているだろうか。
実際、プラネタリウムで星を見ながら演奏をするということは難しい。
真っ暗にして目隠し状態で楽器を弾くストレスたるや、とんでもないものである。
演奏にストレスのない光量がありながら、星も確実に見られるようにという、
互いに相反する無茶苦茶なリクエストを照明のテリーに投げかけて、京都でも有数の偏差値の高い学校に通ってらしたテリー先生がうんうん唸って考え出したのが、あの赤い光である。

プラネタリウムの星の光だって微弱なもので、真鍋のアンプのほんの点のような小さな光ででも星は見えなくなるほどなのに、テリーの赤い光は先の要求を満たすに最上級の妙手であった。
そのシベリアン側の徹底した星への配慮、星への異常なまでの狂いかたに、すばるホールのスタッフさんも感激してくれたほどだった。

舞台当日にそのあまりの完璧さに、僕がどうして赤い光は星の邪魔にならないのか?と聞くとテリーは待ってましたとばかりに答える。

「いいか、阿守、赤い光というのはだな普通の光と比べて…」

肝心なところで僕の頭のハードディスクはエラーを起こしてしまっていたようで、完全にそこの部分の記憶がない。残念である。
解らないことがあれば、インターネットで調べればいいのである。

小野さんもこの日は弁当だけでひょっこり自転車ですばるホールに現れた。
多分、赤い光に誘われてだろう。気合を入れてケーブルを巻いていた。

話しが長くなったが赤い集団というのは、星の専門家の証拠である。
彼らは騒がない、空が雲ってもバタバタしない、コーヒーの焙煎機を持ち込む人すらいる。そう、夜をゆっくりと楽しんでいるのだ。

彼らが行動しだしたということは頃合なのだ、
僕は相部屋に行き人生の先輩たちに、早く起立しろと促す。
皆さん!
起立!気をつけ!小さい前へならえ!よし!

さぁ、出発だ!

山荘にあるリクライニングチェアを折り畳み、それを担いでいざ流星群の鑑賞である。自然に目を凝らせて、耳を澄ませば、いつの間にか生きるってことがひとつの「詩」であり「歌」であることに気づかされる。
僕たちは漏れなく、詩人なのである。

ああ、なかなか終わらん。うう…。

2013.09.22

サンデー写真館

ストクラツアー無事に終わりました

東京・名古屋・大阪・広島・福岡
楽しいツアーでございました
今回は仕事量が多かったもので
写真があまり撮れませんでした。。。
ので部分的に

9/9名古屋クラブクアトロ
終了後シベリアンチームは
一足先に大阪へ

9/10心斎橋BIGCAT
IMG_8597 撮影:Norihide Kubo
僕の写真専門学校時代の同級生、久保くんが写真を撮りに来てくれました
また今度いろいろ載せますね

終了後、数人で軽く打ち上げ
2013-09-11 01.59 撮影:西村さん
のはずが、結構いってしまいました。。。

9/11広島クラブクアトロ
初の広島へ
リハーサル後、少し時間があったので観光
SONY DSC
ここは行きたかったのです
SONY DSC
猫のグループ ちょうど6匹ですね 
SONY DSC
記念館は時間がなかったので、また次回
SONY DSC

ライブ終了して
夜の街を歩きながら、いざ打ち上げへ
SONY DSC
もちろんこれですね
SONY DSC
2次会で矢沢C吉さんの店へ
SONY DSC
多いに盛り上がりました

9/12福岡Gate’s7
博多に移動
壇ノ浦の戦いの様子
SONY DSC
いつもの場所で、今回は大人数で記念写真
SONY DSC

その後は無事に千秋楽終了
全員で大打ち上げ
僕のレンタル期間も無事終了

9/13中洲ジャズ
多いに盛り上がりました
SONY DSC

終了後いつものラーメンを食べて
大阪へ移動
さすがにこの日は酒を見たくない状況でした

9/14
大阪でチキンジョージに向けてのスタジオ入り
夜は結局軍さんと飲みに行きました

9/15
実家へ帰郷
甥っ子たちと遊んで夜は親父と乾杯

9/16
持ち帰った仕事を片付けて
母の居酒屋で常連客と混じってカウンターで一人酒

9/17
いろいろ用事を済ませて
同級生と乾杯

9/18
東京へ

長い旅でした
非常に充実して楽しかったです
飲んでばっかりでございましたが。。。
暫くは控えめにしてダイエットですね

ではでは
皆様お疲れ様でした

サンデー真鍋



2013.09.21

見てるぞ、見てるぞ。

つい先日僕は家で一人コントラバスを弾いていました。そうその行為は日課であり弾いておかないと不安にも繋がる。いつもの様に僕は部屋で弾いていました。
どれくらい弾いていただろうか、気付けば23時の半を過ぎていたのは覚えている。でもその時僕は誰かに見られてる、そう感じたのです。
『誰だ?』
しかし辺りを見渡しても誰も居ない。当然だ、僕は未だに独身貴族であり、バイクを乗り回してるいわば親不孝者である。しかし誰かが見てる。一度気になりだすと人間とは些細な事にも反応してしまうのです。『んん?』やはり誰かが見てる。それは気のせいではない。そう確信出来る程の視線を感じるのです。
2時間程練習をし、気にもなって来たので今日はここまでに・・・と思いコントラバスを横に倒しタバコに火をつけた。僕の寝床はベッドで万年床です、しかしテレビを見る時や、この様にパソコンで何やらをしてる時はベッドの下の座布団に腰を下ろし忘我の彼方に身を委ねています。
その時も背中をベッドに預け紫煙をくゆらしてると、やはり視線を感じる。
『見てるぞ、我は見てるぞ。』
そう言わんばかりの視線が。誰?誰か居るの?心の中で問いかけ部屋を見渡してると、視界にはいつものテレビ、いつものパソコン、いつものコントラバス、いつもの汚い部屋があるだけです。やはりオカしい、何かが違う、この部屋いつもと違う。

さて、明日も早いしそろそろ寝よう・・・そう思った時、背中から気配が。。。
そう奴はずっとこの部屋に居たんだ、万を期して一歩一歩姿を現して来た。

そうそいつの名は『ゴキブリ』

出た!長らく姿を見ないと思ったら、とうとう現れた!
奴は『お前はなんて愚鈍なんだ、俺はずっとお前の姿が丸見えなのに、お前は気付かず右往左往してたではないか。馬鹿な奴め。』
そう言ってるかの様に悠々とした、まるで王者の行進の様に奴はこの部屋に嵐を呼び込んだのである。
僕は久しぶりに慌てた、恥ずかしい話僕はゴキブリが苦手だ、蜘蛛が苦手だ、蜂が苦手である。そんな天敵である『ゴキブリ』が降臨した。僕の思考回路はプスプスと音をたて停止した。

『どうしよう?』『どう攻撃するか』『エアガンは?』『新聞紙は?』

ほんの2秒の間に色々考えた。その時の脳みそはビクビクと動いていたであろう。その時僕の脳裏に一つの単語が浮かんだ。

『掃除機』

これだ!僕は一時たりともそいつから目を離したくなかったがここは聖剣エクスカリバーこと『掃除機』を足早に取りに行った。
そして帰ってくると勿論奴は姿を眩ましていた。「何処だ!何処に行った!」僕は四方八方見渡したが居ない、奴は居なくなった。畜生!やはり隠れたか!しかしこの部屋に居る事は間違いない!このまま放ったらかしにしたら無防備な自分をさらけ出したと同じになる。下手したらコントラバスの中に入ってしまうのでは?色々考えた、寝てる時に・・・駄目だ!マイナス思考回路しか浮かばない!
そうこうしてると奴はゆっくり部屋の隅から現れた!今だ!今しかない!
僕は掃除機のスイッチを入れた!勿論「強」だ!弱や中では逃げられてしまう!ここは「強」しかない!
僕はスイッチを入れ奴めがけてホースを伸ばした!奴も必死だ!ホースから逃げようとジャンプするではないか!駄目だ!気持ち悪い!こいつは気持ち悪い!
ここで負けたら今日は寝れなくなる!ここで引き下がれる訳ない!やってやる!必ずこの戦いに終止符を打ってやる!
奴が物の陰に隠れようとしたが、隙間がなく一瞬ひるんだ!ここだ!ここしかない!
僕は一気にホースを伸ばし奴めがけて「強」の吸引力で挑んだ!
「ズボボ!」
そう奴は最強の聖剣の腹の中に吸い込まれて行ったのである。でも待て、このままでは奴は生きている。どうしよう・・・どうしたら良い?考えたが掃除機のゴミパックは詰め替え用で、そのつなぎ目は忍者返しの様になってある。

「このまま一週間放置してやる!」

そこで乾涸びるまで待ってやろう、そこで朽ち果てるがよい!

こうして長らく続いた最終戦争は終わりを告げた。やっと寝れる、時間は?午前3時・・・長かった。しかしやっと寝れる。僕は布団に身を委ね、深い眠りに就いたのでした。

今晩は土曜日ヤマトコです。

もう秋ですね、食欲の秋、読書の秋などと言われますが、僕にとってはツーリングの秋。しかしもう山は肌寒いです。半袖じゃ対応出来ないほどに。

勿論芸術の秋でもあります。またいっぱい音楽してぇなぁ。

ちなみにこの前の「ストクラ」ツアーで僕は3キロ太りました・・・早かった・・・でも帰って一週間で3キロ痩せました。なんか今の体重で落ち着いたみたいです。維持して行かないとね!

ではまた来週!

 

ヤマトコ

 

2013.09.19

ストクラの補足

寒暖差の激しい日々が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか。
寝るときは暑く、明け方は寒いという日が続いております。
我が家では寝る前に扇風機をつけております。
この扇風機が非常におしゃれなデザインをしているのですが、そのおしゃれさはタイマー機能を犠牲に手に入れたものらしいのです。
寝るときは扇風機なしだと暑くて厳しいのですが、明け方は扇風機の風のせいで寒くて厳しいという状態です。
毎朝、扇風機を消すか布団にくるまるかで迷っております。
来年はタイマー付きの扇風機を買おうと思う今日このごろ。
こんにちは、平尾です。

ストクラ全公演無事終了しました。
たくさんのお運びありがとうございました。

さて、福岡公演のアンコールセッションの件で少し説明をば。
今回シベリアン→スギテツさん→NAOTOさんの順番で出演しており、NAOTOさんの時に鉄平さんがゲストで参加する際、髪を立てるという小ネタがありました。
で、広島公演の時に阿守がその小ネタを引き継ぐような感じで髪を立ててアンコールセッションに登場するというネタをやりまして、これが結構受けたんですね。
じゃあ最後の福岡公演は4人で髪を立てようじゃないかということになったのですが、今度は当の鉄平さんが髪を立ててない。
そこで鉄平さん「今日は残念ながら髪を立てられませんでした。誰か立ててくれないかなぁ・・・。という感じでネタ振りします」ということになりました。
しかし鉄平さん、そのネタ振り忘れてしまいました。
そして4人が以下の様髪型で登場。

stcl2013yama

stcl2013kaz

stcl2013hila

stcl2013amo
福岡のみなさん、我々がこういう髪型で出たのにはそんな背景があったのですよ!
ま、何のフリがなくても受けましたから問題なかったんですがね。

さて、来年2/21(金)に福岡Gate’s7でのライブが決まりました。
「じゃあ今年のライブは・・・?」
と気になる方もいらっしゃるでしょう。
ご心配なさらず。
もう数本だけライブを演る予定があります。
少しずつですが発表できるかと思いますので、しばしお待ちくださいませ。

平尾

2013.09.14

ストクラ〜名古屋〜大阪〜広島〜福岡〜中州JAZZ〜大阪

今晩は土曜日ヤマトコであります。先週は気付けば月曜でした・・・そう久々に飛ばしました・・・すいません。体は元気ですよ。思いの外体調はいいんです。

さて、今週頭から始まったストクラ西日本編。
9/9 名古屋クラブ クアトロ
9/10 大阪ビック キャット
9/11  広島クラブ クアトロ
9/12 福岡ゲート セヴン
9/13 中洲JAZZ 清流公園

今見ても結構いかついスケジュールですなぁ。更に今日9/14は来月10/14に神戸チキンジョージで行なわれる斉藤さんとのコラボライブで藤田君、真鍋さん、平尾さんと僕の四人でリハーサル。合計6日間の過密スケジュール。でもこんなに移動して、こんなに演奏したのも久々だったので楽しかったですよ。

さて、名古屋、大阪は車移動だったので打ち上げには参加出来なかったのですが、広島、福岡は泊まりだったので、夜は勿論打ち上げ!久々にお酒と言う物を頂きました。そう・・・あっちゅう間に酔うんです。凄い回るのが早いのなんの。
広島の夜皆で飲んでると、NAOTOさんが「明日の車乗ってる人間シャッフルしない?」とゆう御発言、そこはお酒の力で大盛り上がり。ホテルの前でじゃんけんか?それとも?って言ってるとまたもNAOTOさんが「じゃあ壇ノ浦パーキングで合戦でいいじゃん」と仰った。そこで皆源平合戦だ!と盛り上がり、じゃんけんのグーでは握り絞め過ぎて流血だ!などと。では昼の12時半に壇ノ浦の合戦でお願いします、とゆう流れで1次会はここで終了。僕は二次会には参加しなかったんですが、ってゆうかもう酔っぱらってましたからね。ホテルに帰還。

さて、翌日少し遅れて壇ノ浦に到着するともうスギテツさんとNAOTOさんは到着済みで、到着するとすぐ合戦と相成りました。
橋のたもとでいい大人が円陣を組み、ガチの鬼じゃんけん。スギテツさんのスタッフが胴元となり一斉じゃんけん。胴元にアイコ、負けで負け。で、勝った順番から席を決めれるシステムであります。
こちらの車は座席が直角のクッションも固いハイエース。相手先は乗り心地のとても良いエスティマ。誰もが勝てばエスティマを選ぶでしょう、それほど明確なチョイス。
さあ壇ノ浦の戦い・・・いや馬関戦争。長州と異国同盟軍の戦争だ!勿論こちらは長州藩、スギテツさん・NAOTOさんは異国同盟軍。戦力は明らか、こちらは武士道とゆう精神的な士気で対決!

いざ合戦!!

一撃で勝負は決まりました。

勝ったのは・・・スギテツさん・NAOTOさん・スギテツバンドメンバー・そして・・・平尾さん。
そう平尾さん一人がエスティマに乗り込むとゆう面白展開。こちらはシベリアン+スギテツさんのマネージャーさん。えぇ、もうシベリアンメンバーですよ、ハイエースは。
流石平尾さんには神が降臨あらされる。もう天晴れ、感服であります。

さて、福岡も無事に終わり、昨日中州JAZZも出演し今朝車で大阪に帰って来たんです。
そこで話は福岡ゲートセブン楽屋に戻りますが、スギテツの鉄平さんは僕と同じ車好き。結構な距離を乗られるみたいなんで、最長どれくらい運転した事ありますか?と質問した訳なんです。すると「そうですね、一番長いのは1日で福岡〜名古屋ですかね?」と、なんだと!627km+178km=805km!!僕の最長は大阪〜大分間のc770km・・・まけもうした。
そんな話をしたもんだから僕に空気が入ってしまって「これは是非とも独走を!」となってしまったんです。九州自動車道を走行してると異様な眠気が、そらそうだ、ツアーも終わって先程は中洲JAZZに出演してたんだもの。メンバーもちらほら眠り始めていよいよ孤独に。
でも運転を機械的に行なったら眠気もましになるかな?と。そこで自分ルールを作ってみました。
1、100km/h以上出さない
2、30分おきにタバコに火をつける
3、止まるサービスエリアを先に決めておく
とこの三つを決めて運転してみたんです。すると眠気もなくなり本当に気持ちよく運転が出来ました。もう夜中の運転より、昼間に運転しているかの如く楽に運転出来ました。
御陰様で福岡〜大阪を独走出来ました。これで僕の中に一つの指針が出来ました。今度は東京〜福岡の1200kmに挑戦してみたいですね。はかた号の様にね。

最後に、このストクラに来て頂いた皆様!有難う御座いました!少しの演奏時間でしたが同じ時間を共有出来た事を嬉しく思います!
名古屋の皆様!大阪の皆様!広島の皆様!福岡の皆様!有難う!

そして中洲JAZZに来て頂いた皆様!有難う!初めてシベリアンを見た皆様!今度はシベリアンを見に来て下さいね!損はさせませんよって!

それでは少々疲れもありますんで、お先に休ませて頂きます!

有難う!!!!

 

ヤマトコ

 

2013.09.12

ストクラ終了しました

ストクラ全公演無事終了しました。

ありがとうございました。

ただいまホテルに向かって移動中です。

一部メンバーは打ち上げ会場へ先行しております。

ブログはまた来週ということで失礼いたします。

平尾

Next »