Home > 5月, 2014
2014.05.29

ケージ新調

半年~1年ぐらい前から始めた最初の冒頭文ですが、そろそろネタがなくなってきました。
毎週次回予告の文章を考えているサザエさんの作家さんは凄いなあ。
来週から冒頭には猫の写真でも載せようかと思います。
こんにちは、平尾です。

猫を飼い始めて1ヶ月半ほど経ちました。
すくすくと育ってくれたおかげでケージが手狭になってきました。

20140529-1
これが最初に買ったケージなんですが、正直かなり大きめのものを買ったのでそうそう買い換えることは無かろうと思っておりました。

20140529-2
「ケージ狭いんちゃうんけ?」となんだかご不満の様子。
最初は文字通り借りてきた猫状態でおとなしかったのに・・・。

20140529-3
というわけで新しいケージを購入。
なんとか気に入っていただけたようで・・・。

さて、6/9に向けたトラベルプランナーの編集ですが、とりあえず一段落つきました。
しかしここからは地獄の字幕付け。
遅々として進んでおりませんが、当日には間に合うでしょう。

あと、以前阿守から送られてきた6/9ネイブのライブ概要。

【6月9日のライブ概要】
ライブハウスのカリスマ平拓也がお届けする名曲アルバム選。
あの時、自分はあの曲があったから救われた、あのときこの曲が自分を勇気づけてくれた、
そんな珠玉の名曲を平拓也が自分の思い出を語りながら、アコースティックな演奏でしっとりと歌い上げるメロウな一夜。
サポート演奏陣も超豪華、阿守、山本、平尾のいつものトリオ。


とまぁこんな感じでお送りするようです。
まだタッキーからは1曲も候補曲が伝えられてませんが・・・。
で、上の文章で気づいたんですが、トラベルプランナーのテロップのタッキー名前が全部「拓也」じゃなく「拓哉」になってますね。
急いで修正せないけませんから、今週はこのへんで。


平尾

再々告知
6/9(月)南堀江ネイブ
knave 12th Anniversary
『頑張ろう!阿守』
出演:阿守孝夫/平 拓也 他 天才多数
open 18:30/start 19:00
¥2,000/2,500(+1D別)
問い合わせ/チケット取り扱い:南堀江ネイブ

2014.05.27

【2014-05-26(mon) amori】

春先は三寒四温といいますが、僕は今頃になって三寒四温です。
一週間のうち三日は平熱で、四日は発熱という具合で参っております。
やっぱり、ほとんど睡眠も取らずに四国でロケしたのが、後になってやってきた感じです。
体調が整わないのは、自分の自信喪失にも密接に繋がってるもんだなと実感しました。

いやはや、反応速度の鈍いこと鈍いこと、なんにも集中なんぞできやしません。
そんな日もあるもんです。気持ちのガソリンが起きた時から「E」のランプがついてるとき。

やる気がないと言えば、群馬の草津温泉に行ってきました。
西の有馬、東の草津と温泉番付で言われるくらいなのだから、どんなもんじゃろうと思って覗いてきました。
ちょうど、ツール・ド・草津という自転車競技(ロードレース)の開催前日ということもあって、
大きな旅館には、そういった関係者の人ばかりがいました。

時間的にヘタをしたら、温泉は込むかなと心配したので思いっきり時間を外れた深夜に行くと、
大浴場が貸切状態だったのに満悦しました。草津温泉特有の強酸性の湯に勝てず、
身体についていたバイ菌が消滅していくその様が、なんとなく目で見えるような錯覚を起こしました。

そう、何がやる気がないのかと言えば、湯もみなんですよね。
湯もみショーを見るのに500円も観覧料を払って桟敷席に陣取ったのはいいんだけれど、
まあ、舞台の上に立って「草津ぅ~、よいと~こ~♪」と歌うおばさんのやる気のないことったら…。
完全に心ここにあらずの感じで職務上の義務で「チョイナ、チョイナ」と歌う、への字口のおばさんのそれは、
なかなか興味深いものがありました。

おおいそれと、見ることはないほどの「への字口」でした。

ちょっと草津温泉には人が行き過ぎてるので反省する暇がないほど忙しいのかも知れませんが、
是非とも猛省を促したいものです。あれじゃダメです。

でも、草津温泉っていうのがこんなに山深いところにあるとは知りませんでした。
やっぱり草津といえば、滋賀のイメージがあるので平坦なところなのだというイメージが無意識にしてました。
無意識にも人はイメージ先行型の生き物なんですね、たまに頭脳がイヤになったりします。

山にも行きました、臼田宇宙観測所です。
宇宙から送られてくる、小さなメッセージをこれで受け取ってるなんて、洒落てますね。

SH3F0061


SH3F0054


SH3F0067

2014.05.22

トラベルプランナー史上もっとも過酷なロケ

気温はさほど変わってないのに暑くなったと感じます。
梅雨本番ということでしょうか。
そろそろ扇風機を導入なければなぁと思っております。
こんにちは、平尾です。

先日、トラベルプランナーHILAOのロケに行ってまいりました。
ロケに参加したのは私と阿守と元マネージャーのタッキーこと平拓也氏。
BMW代理店のCEOとなったタッキーはかっこいい車で参上しました。

今回は番外編ということで、さらっと終わらせて20分ぐらいの短編に仕上げようと思ったのですが、ロケ中に深い謎に捕われ、それを追ううちに冒険は深みにハマり、トラベルプランナー史上もっとも過酷なロケになりました。
現在編集作業を進めているのですが、1~2割終わった感じのところで既に10分。
いまや定番となった移動マップですが、あれは経路を少しずつ書き足したものをクロスフェードでコマ送りしてます。
その移動マップもコツコツ作っているのですが、現在行程の半分ぐらいの段階で既に100枚を超えました。
こりゃヘタすると1時間超えの超大作になりそうです。

トラベルプランナーHILAOが最初に見れるのは6/9南堀江ネイブ『がんばろう!阿守』での上映会です。
こういう馬鹿げた作品は大勢でワイワイ言いながら見たほうが面白いんじゃないかなぁと思いますので、ぜひお越しくださいませ。

一応ライブもありますが、そっちはグダグダになる可能性が高いので先にお詫びしておきます。

では今週はこのへんで。


平尾

再告知
6/9(月)南堀江ネイブ
knave 12th Anniversary
『頑張ろう!阿守』
出演:阿守孝夫/平 拓也 他 天才多数
open 18:30/start 19:00
¥2,000/2,500(+1D別)
問い合わせ/チケット取り扱い:南堀江ネイブ

2014.05.19

【2014-05-19(mon) amori】

先日は山から降りてきたという話しをしました。
今週も、やっぱり山から降りてきました。
とても良く日焼けしました。
今回は星ではなく、写真を撮りに出っ歯の河童と、豚の化け物をお供に連れて剣山に登ってきました。

オリジナルの卓上カレンダーを作るために、四国の写真が欲しかったので、一泊二日の撮影旅行でした。

四国の出身ながら、こんなところがあったのかと驚くような場所もありました。
それはそれは疲れましたが、疲れただけの写真を無事に撮影することができてれば嬉しいな。

どうやろ、不安やなあ。

西遊記



それにしても四国も今になって道が良くなったけれど、ひと昔前は直線距離で見ればそんなに遠くないところでも、
車酔いと長時間の渋滞に耐えながら行ってたもんだなと、便利になった今に感謝するとともに、不便さゆえの魅力も喪失したもんだと感じました。


2014.05.15

だいはん

先週お伝えした練習室の片付けですが、あのあと二日半で結構片付きました。
20140511-1 20140511-2
あとはDIY防音施工頑張ります。
作業は6/9(月)南堀江ネイブ『頑張ろう!阿守』が終わってからかなぁ・・・。
こんにちは、平尾です。

地域の行事に「だいはん」というのがあります。
担ぎ棒を通した大きい箱を2人で担いで各家をまわります。
その下をくぐるとその年は無病息災、みたいな習わしです。
早朝行われるので、起きれなかったり家にいない場合は、その人の服をくぐらせればOKみたいなシステムも有ります。
私は過去、「だいはん」をくぐった記憶が一度しかいので、そのシステムの常連だったのでしょう。

その「だいはん」について、親に「だいはんとは何ぞや?」と問うたことがあります。
しかし「だいはんはだいはんじゃが」という答えしか返ってこず、長年疑問でした。
関西・中四国あたりでは敬称の「~さん」というが「~はん」となることがあります。
なので、「大なんとか明神さん」を略して「だいはん」と呼び、箱のなかには何らかのご神体が入っているのだろうと予想しておりました。

今年その「だいはん」を担ぐ順番が我が家に回ってきたので私が母に変わって参戦。
20数年ぶりに「だいはん」の箱を見て、謎が解けました。
20140515-01
「大般若」略して「だいはん」なんじゃそら。
この箱のなかには般若心経がぎっしり詰まってるそうです。

上の写真は軽トラの荷台に乗って撮りました。
軽トラの荷台に乗るのなんて何年ぶりでしょう。
荷物がある場合は荷物番として1人だけ荷台に乗ることが道交法で許されております、念のため。

「だいはん」は3人一組で回ります。
担ぐのは他の2人が担当してくれたので私は御札を配る役。
ある程度移動したところで「すまんけど車動かしてくれ」と頼まれました。
もしやと思いつつ運転席に座ったら案の定MT車。
教習所以来のMT車でしたが、四苦八苦しつつもなんとか運転でき、無事「だいはん」を終了出来ました。

では今週はこのへんで。


平尾

告知
6/9(月)南堀江ネイブ
knave 12th Anniversary
『頑張ろう!阿守』
出演:阿守孝夫/平 拓也 他 天才多数
open 18:30/start 19:00
¥2,000/2,500(+1D別)
問い合わせ/チケット取り扱い:南堀江ネイブ

2014.05.13

【2014-05-12(mon) amori】

山に入っては、山から降りて、山に入っては、山から降りて、高いところから低いところを延々と行き来している毎日です。
先々月に革靴を買ったのですが、どうにも足に合わないみたいで、いつになっても靴ずれします。
どこかへ出かけるときに、革靴を履いていくと帰りは大体、足を引きずっているような具合。
いつになれば慣れるのか、履かずに勝手に靴が自分の足にフィットするような装置がないものか・・・。

先日、急にフィルム式のカメラが使いたくなって実家の母に連絡しました。
父が生前に使ってたカメラがあるのかどうかを確かめたかったからです。
絵画に写真に音楽にパチンコに列車旅行に明け暮れていた父のことだから、
そういえばカメラくらいあるだろうと思ったのです。

そしたら母から連絡があり、やはり父のカメラがあるとのこと。
でも、ずっと使ってなくてボロボロだから真鍋の実家(カメラ屋)に持って行ってメンテナンスしてもらうわとの連絡がありました。
そしたら高松の方で修理してもらわないといけないみたいで、28,000円かかると言われました。
どうしようか迷いましたが、まあ、いいだろうと考えてお願いすることにしました。

不思議なものです。
父が生きていた頃はカメラを買ってやろうかと言われても、無反応であった僕がそれを修理するなんて。
いつの間にか微なり細なり引き継ぐことになるとは・・・。
できることなら、糖尿病だけは引き継ぎたくないなと願いますが、さてどうなるものやら。

今回、出来ることなら平尾さんとのトラベルプランナーでこのカメラを使いたいなと考えています。

1399184444579

1399184666636

double arc

先日、虹に虹がかかっていましたよ。確かゴールデンウィーク中だったかな?


2014.05.08

練習室の片付け

ゴールデンウィークはどこにも行ってません。
こんにちは、平尾です。

ウチには離れにプレハブが有りまして、現在そこにドラムセットと練習パッドを置いて練習しています。
元々は私や兄弟が過ごすための子供部屋として建てられました。
私が高校時代に母屋が増築され、その時点で兄は既に家を出ており、私と弟が増築された部屋に移動したため、そのプレハブは練習スタジオ化しました。
その後私も弟も家を離れ、誰も使わなくなったプレハブを父が占領して好き勝手に過ごしていたようなんですが、その父も数年前他界し、そのまま父の物が雑然と置かれた物置兼廃墟となっておりました。

香川に帰ってくる前までは、このプレハブの中のものを全て整理し、空っぽにした上で簡易な防音施工したあと練習室にしようと思っていたのですが、いざ片付けを始めるとドラムセットを置くスペースだけ確保した段階で力尽き、以降、ご近所の迷惑にならない時間帯にこっそり練習することに。
朝早い時間に練習することが多いのですが、その際は練習バッドを使うことにしておりました。
しかし、出来れば早朝練習もドラムセットを使いたいと常々思っていたこともあり、シベリアン活動休止で少しばかり時間に余裕ができたので、この機会に練習室を片付けることにしました。

とりあえずこれが先月下旬の状態。
20140508-01
元々は足の踏み場もない状態だったので、たぶん初期状態からすると半分以上片付いた状態のはずです。
当面の目標は楽器や機材以外は完全に追い出すこと。

20140508-02
もう少し中にはいって撮った写真。

20140508-03
上の写真で言うと鏡のあたりから。
右奥のグレーの棚の上にもう1つ同じぐらいの棚があり、そこにはぎっしり本やアルバムが詰まっていたのですが、この写真を撮る一週間ほど前に半日かけて片付けました。

20140508-04
これが現状。
こちら側はあまり片付いてませんね。
右奥の透明な衣装ケースに入っているのは全部ゴミです。

20140508-05
左奥の棚がまるまる片付きました。
上の写真では見にくかったかもしれませんが、木の棚の下にもう一つ棚があり、1日かけて棚2つ片付けました。
それ以外にも週2~3回は1時間ぐらいゴミをまとめたり棚の中身を移動したりしてます。

あとどれぐらいかかるかわかりませんが、本格的に暑くなる前には空っぽにするところまでいきたいですね。

では今週はこのへんで。


平尾

2014.05.01

初ディズニー

今日は一気に暖かくなりましたね。
関東では夏日になるところもあるとか。
しかしまだ梅雨すら来ていない時期ですから、急に気温が下がるかもしれませんので油断はしないでおきます。
こんにちは、平尾です。

今日は映画の日ということで、アナと雪の女王を見に行きました。
20140501
ディズニー映画を映画館へ見に行ったのは今回が初めてです。

随分前に何かの映画を見に行った時、本編前の予告の時間に、何の説明もなく『Let It Go』のシーンだけが流れました。
まだ邦題もついてなかったので「なんじゃこりゃ!?」と強烈な印象だけが残りました。
とにかく曲が良かった。
どう良かったかというとブラインド・ガーディアンっぽいのが良かった。
この曲をメタルアレンジして野太いオッサンのコーラス入れたらまんまブラガですよ。
Let It Goがブラガっぽくなかったら私はこの映画見てなかったかもしれません。
Let It Goが良いと思えた人はブラインド・ガーディアンを良いと思える素質が有りますから、怖がらずに聴いてみましょう。
まずは聴きやすいアコースティックアレンジがメインのThe Forgotten Talesからどうぞ。

本当は字幕版で原曲聴きたかったのですが、字幕版の上映は夜の一回だけだったので吹き替えにしました。
なにやらエルサ役の松たか子さんがずいぶんと評価されてますが、個人的にはアナ役の神田沙也加の歌と演技のほうが印象に残りました。

内容はディズニー映画ですから、スタンダート&ベーシック&オーソドックスという感じです。
10代20代のころなら物足りなかったかもしれませんが、30代半ばのオッサンにはこういう安心して見られるハッピーエンドの物語というのはありがたいものです。
20代前半のころ田中芳樹の『風よ万里を翔けよ』を読んだ後、同じ花木蘭を主人公にしたディズニー映画『ムーラン』を見たあと、比べてもしょうがないところを比べて「所詮ディズニーもこの程度か!」なんて思ってましたが、そういう思考の浅い人間でも年を重ねれば万人受けするオーソドックスな物語を素直に楽しめるようになるもんなのだなぁ、と我ながら感心しております。

さて、相棒劇場版3も公開されているようで、それに関しては前売り券を買いましたから近いうちに見にこうと思います。

では失礼。


平尾


用語解説
花木蘭・・・中国の講談小説『隋唐演義』に登場する男装の麗人。『ムーラン』は架空の中華を舞台になんとなく悪そうな異民族に襲われたなんとなく善良な皇帝を助けるわかりやすいお話。『風よ万里を翔けよ』は隋唐革命を舞台に、中華史上最悪の暴君と悪名高き随の煬帝に不審を抱きつつ、尊敬する上官の元で滅び行く随のために戦うちょっと複雑なお話。