« | »

2011.01.22

始まりました。

どうもこにゃにゃちは!土曜日の主山本です。

昨日は東京でのワンマンツアー初日(ツアー合計3日)でした、沢山の人に来ていただき有難う御座いました!

次は28日名古屋、29日大阪(最終日)ですね、また行きますよってお待ち下さいませ。

先日のライブで東京では初めてエレキを使いましたね。僕はいつもコントラバスを使ってるんですが、今回の「Historia Siberiana」ではエレキベースを多用しております。

以前にもブログで書きましたが、今回東京ではお初でしたね。

今1度御紹介を。

fender presision bass 74′

メイプルネック

4点止めデタッチャブルネック

アルダーボディ

カラー:ブラック(レアカラー)

ですね。以前はfender lazz bass69’を使ってたんですが、ネックが弱く音程が合わない、シベリアンのサウンドには絡みにくいなどの理由で引退させ、今の若き戦士に交代させました。

こいつはこいつで個性が強いんですが、シベリアンには混ざり易いんで重宝してます。

こう今書いた文章を読むとやはり僕は楽器オタクなんでしょうね、先週の車の話もそうであったんですが、自分が興味ある話は見る人が困るような表現をしてますね。すんません。

車はもうしょうがないですねここまで来たら行く所まで行くしかないですね。そのキャラで行くしかないですね。

僕は基本的に日本車オンリーの人間だったんです、ホンダやトヨタ、スバル、三菱とかね。

しかし、最近知り合いがアウディに乗ってまして、1度借りて乗ったんですが・・・いい!こりゃ売れるわ!って位いい!

車ってやっぱヨーロッパなんですね、ドイツはベンツ、アウディ。フランスはルノー、プジョー。イギリスはジャガー、ローバー、ロータス。イタリアはフェラーリ、フィアット、ランボルギニー。

全て日本車がマネしてきたメーカーですね。

だから最近外車も悪くないなって思いました。

昨日渋谷でランボルギニーを見ました。



ランボルギニーT-TAIRA640

最高速:335km/h

トルク:56kg

馬力:640ph

ミッドシップにエンジンを積み、4駆システムを採用することにより膨大なパワーを路面に伝える事に成功。エンジンをミッドに積むことにより車のバランスはより理想に近づき、0-400は8秒台をたたき出す!

今夏日本上陸!

価格:4300万円予定 予約は今春4月より南堀江ネイヴで受付開始!

ではまた来週!土曜日山本だす!