« | »

2011.01.27

先週の移動のはなし

先週は7時間移動→5時間リハで、ブログ書くのがしんどかったんですね。
「来週書くから勘弁しとくんなはれ」
みたいなことを書いてしまったので、とりあえず先週の移動の話でも書きます。

1/20の大阪→東京の移動メンバーは以下のとおり
平尾・阿守・軍司・山本・音響フジサワ氏
当初はタッキーも同行する予定だったのですが、
「すいません!会議がはいったんで・・・」
ということで、昼過ぎに新幹線移動で現地集合ということになりました。
「移動中いじられるんが嫌でわざと会議いれよったな・・・?」
と出発早々辛口なフジサワ氏。
しばらくはタッキーの不手際の歴史を振り返る会となりました。

シベリアンが何度も東京-大阪間を移動しているのはご存知かと思われますが、晴れの日ってのが結構少ないんですね。
東名高速を多用するんですが、富士山が見えることは殆どありませんでした。
しかし、この日は珍しく快晴で、富士山がはっきり見えました。
余裕を持って移動したおかげもあって、かなり時間があまりましたので、冨士川SAで少し長めの休憩をとりました。

ここで総帥は「水切りしたい!」と川へ降りて行きました。
その『水切り』なるものが私にはよくわからず、山さんに聞いて理解しました。
水面に小石をサイドスローで投げ、水の表面張力で小石を水中に沈めず水面をバウンドさせる遊びですね。
私の周りでは、小石が跳ねる単位を『段』と呼び、遊びの名称もいつしか『段』とのみ呼ばれるようになっていたので、ピンと来ませんでした。
私はこれがすごく苦手です。

しばらくすると「川に降りれんかった・・・」と総帥が還ってきました。

充分な休憩の後に出発。
ここで『1000万人ゲーム』が始まりました。
日本の都市をいくつか挙げていき、人口の合計を1000万人に近づけるという、総帥思いつきのゲームです。
1000万人を超えたらドボン。
これが意外と盛り上がりました。

最初のゲームは軍司どのが残り400人台まで迫り優勝。
私は残り6万5千人程度の段階で我らが故郷・三豊市を選択。
3千人オーバーでドボンでした。
お隣りの観音寺市にしときゃよかったなぁ・・・。

第二ゲームは世界の都市での勝負。
日本の都市を選べる『日本権』は2回まで、という縛りでゲーム開始。
開始早々フジサワ氏が上海で900万人超えの好スタートを切るも、早速日本権を使いきり、5万人程度残して保留。
私はムンバイで1300万人、山さんはモスクワで1000万人をわずかに超え一発ドボン。
軍司どのはカリフォルニアやらオーストラリアの都市やらをうまく使い、さらに日本権を駆使して2000人台まで近づきました。
軍「よっしゃ、ここでプリピャチ!」
阿「それどこ?」
軍「チェルノブイリんとこ」
阿「ひと住んでんのか?」
軍「確か、3人ぐらい住んどったんちゃうかな~」
調べた結果、算出不能。
まぁ、結局軍司どのの勝利で幕をおろしました。

そして翌日
「北のほうに300人ぐらいの村があったわ」
とフジサワ氏。
どうやら第一ゲームで軍司どのが叩き出した400人をどうにか縮めようと一人で腐心していたようです。

そんなこんなで、移動中はこういうしょーもないことで時間を潰しているのです。

平尾