« | »

2011.10.29

匂い

今晩は土曜日山本です。もといヤマトコです。

そろそろ秋の風景になりはじめましたね。山は赤く色付き始め、空は摩陀羅に高くなり始め、太陽は夏の暑さを忘れさせる温かさを与えてくれ始め、人は厚着していく。

もう秋なんですね。その秋の狭間からひっそりと冬の匂いが漂い始めました。

今は僕はバイクによく乗ります。車と違って五感で世界を感じれます。気温・風景・空気の柔軟性・風の味・風の匂い。

峠や林道を走ってると気付きます、季節の変化を。そうだ、人間も教えてくれます、祭事や催しでね。今は正倉院の宝物の検査が行われる時期なんで、奈良国立博物館で「正倉院展」が執り行われていますね。

話は戻りますが、自然と触れ合うことにより僕は少し元気になれると思う。何故だろう?確たる理由は持ってませんが、車やバイクで山道や峠を走るだけで何か元気になれる。目的もゴールも決めずただただ走るだけ。それだけでいいんです。

無理やりゴールを決める旅もいいです、たまにします。でも感覚で走ることを普段しないです、だからたまに感覚で走るとスッキリします、僕はこれが1番好きなんです。

バイクで阪奈を走ってると、所々で冬の匂いがします、どんな?って言われても伝えられないですが、冬の匂いがします。僕は寒いのは少し苦手ですが、この匂いは好きです。

今年はバイクで冬を乗り切るつもりなんで、冬と仲良くしたいです。

高い空を眺め、枯れた木々を横目に前を向いて走って行きたいです。



それではまた来週。

山本もといヤマトコ