« | »

2012.01.21

久しぶりの帰宅

今晩は、土曜日ヤマトコであります。

さて、我々は昨日まで合宿と青山CAYでのライブを終わらせ、大阪に帰ってきました。今日はマネージャーである平 拓也のライブハウス「ネイヴ」に借りていた今回の合宿の機材を返却してきました。今やっと落ち着いたところであります。

今はなんやかんや、やることが多いですから気が抜けませんよ。さぁさぁ、大変ですよぉ!

さて、僕の愛車「鴨南蛮」は目出度く10万キロを突破致しました!



恥ずかしながらその瞬間をカメラでおさえてしまいました。

流石に10年、そして10万キロとなると色んな所にガタが出てきます、先ずはゴム関係やベルト関係、エンジン内部。色々出てきます、僕のエンジンはタイミングベルトがチェーンドライブなんで交換は必要ないのは嬉しいですが、このk20Aとゆうエンジンはエンジンヘッドカバーからオイルが漏れやすくなる特徴があります。更にはエンジンオイルが燃焼しやすく、ほったらかしにするとオイルが無くなりエンジンが焼き付くなんて再起不能の事故にもつながります。ですが、同じHONDAのs2000よりはマシらしいです。s2000は異常に減りが激しく、知らぬまにエンジンから「カタカタ」と変な音が聞こえ、ピストン、バルブが・・・と、悲惨な結果になるらしいです。

まぁ、10年ですから色んな所にガタが出るのはしょうがないです、人間だってそうだもん、老化現象だもん、しょうがないもん。

後はどれだけメンテしながら長く乗れるかです。この「鴨南蛮」は今まで乗って来た車たちの中で1番のお気に入りです。確かに足回りは硬く、乗り心地は悪いかもしれません、ただなんでしょうね、あのフィーリングは今まで味わったことのないものです。

飽きない、えぇ、飽きないんです。いつ乗っても楽しいんです。10時間運転しても、褥瘡が出来そうになっても楽しいんです。

一生に一度、こんな出会いがあれば僕は幸せなんでしょうね。確かにもっと良い車はあるかもしれません、お金を出せばもっとかっこよくて、速くて素敵な車もあるかもしれません。ですが僕にはあれが良いんです、鴨南蛮が良いんです、シベリアンと共に走って来た「アイツ」が良いんです。

コミカル・サルート以降はずっと鴨南蛮です。まだ4年の付き合いなんですが、もう何十年付き合ってる感覚がありますよ。

まだまだ頑張って欲しいと思います。

人は一生の内何回こんな素敵な出会いがあるんでしょう?それは器物の車や生身の人間であれ、素敵な出会いは良いもんです。

何か訳の解らない文章になってきましたので、今日はこのへんで。



ではまた来週!

ヤマトコ