« | »

2013.11.22

今日は非常に機嫌がいい

作曲エンニオモリコーネ、編曲坂本龍一という曲の存在を知ってから、楽譜が欲しいなぁと思っていたけど、廃刊になったと知って、それから10年ぐらい探してる。僕のなかで坂本龍一は作曲と共に編曲も素晴らしいと思う。教授が編曲した、フォークソングや童謡を聞くと「素晴らしい」の一言につきる。教授の編曲の仕方って、楽譜を買わないとわかんない。まぁ僕の耳コピの音感がクソ悪いのもあるけど。。。。挑戦して耳でコピーしてても、何の和音だぁ?っていうのがいっぱい。どんな進行なんだ? どういう風に押さえてるんだ? それよりも大前提でなんでこんな素晴らしい編曲ができるんだろう。

とほめまくりましたが、機嫌がいいのは、その楽譜を今日見つけたからだ!

エンニオモリコーネ、坂本龍一、両氏とも大好きで憧れる存在である、この素晴らしく美しい曲をプラネタリウムが終わったら研究しよう。

明日はプラネタリウムコンサート。おかげさまでチケットは完売。どうぞお楽しみ下さい。お待ちしております。

 

藤田