« | »

2014.04.05

4/1日

チキンジョージでは最高の1日を過ごさせてくださり、ありがとうございました。クラッカーも嬉しかった!シャンパンもお花も頂いた!手紙もお菓子も頂いた!なにより、ライブ中の皆さんの顔が良かった。記憶に残る1日にしてくれてありがとう!。心より感謝します。

ラストライブが終わって、朝まで打ち上げをして、ひととおりお礼を言って、家について、爆睡して、起きて、パソコンを開く。

「あなたはまだまだ曲を書きなさい」

というメールが数通。31日のチキンジョージまでは全力でシベリアンと向き合ってきたし、なにより優先して、どこにでも、どんな時間であろうと出向いていった。
「31日が終わればゆっくり考えよう」と思っていたところにメールを頂いた。
ラストツアーの時、みなさんも「これからどうされるんですか?ライブはどう知れますか?」という事をたくさん聞いてくれてありがとう。
作曲者として、こんなに嬉しい事はありません。もちろんこれからの事はゆっくり考えていくつもりですが、
「曲を書け」と言われて最高に嬉しい気分です。ありがたいありがたい。もうちょっとだけ僕に音楽をさせてくれそうです。

4月の嘘じゃない事を祈るばかりです。

みなさん、SIBERIAN NEWSPAPERを御贔屓にしてくださりありがとうございました。平尾君も書いていますが、またお会いしましょう。

藤田一宏

IMG_1112

IMG_1124

IMG_1128