« | »

2014.04.07

【2014-04-08(mon) amori】

チキンジョージのライブ後にしたサイン会のときのこと、お客さんから「阿守さん、これ好きそうだから」とチケットをいただきました。
それは大阪市立科学の横の美術館でのアンドレアス・グルスキー展のチケットでした、いやはや、お目が高い、僕も大好きグルスキー。
そうなんです、グルスキー展がスタートした直後くらいにチケットを譲ってもらったので行ってました。
でも、せっかくなので、もう一度行ってきます!フランクフルトの空港がたまらんがいの、ありゃあ何回見ても飽きんきんな。


ちなみにグルスキー展のポスターに出てきてる金色に輝くミニマリズムな円形の造形物はカミオカンデです。
世界で初めて超新星爆発からのニュートリノを捉えてノーベル賞をかっさらった、あのカミオカンデです。
実はチキンジョージの前の日に僕はカミオカンデにおりました。
お前なんかがカミオカンデで何をしていたんだと言われそうですが、もちろん中には入っていません。


ただ、カミオカンデとはどこぞやという興味本位で岐阜県飛騨市神岡にある鉱山にまで行ってきました。
なかなか風情のあるところで、寒空のなかで煙突群から立ち上る煙の数々は、その建物の風格と相まって現実離れした、
ロストテクノロジーを今も伝える魔法の国のようでした。
ああ、ここで超新星からのニュートリノを検出したのだな、なるほどな、もういいな。
その自己満足だけで帰ってきました。


同じくサイン会のときに「阿守さんは普段は何をされてるんですか」と聞かれました。
天体観測をしたり、温泉に入ったりしてるよと答えると、優雅なんですねと言っていただきました。
違うんです、本当は泥にまみれて苦労をしているのです。そう、実はしていることはそれだけじゃないんです。
僕は埋蔵金を探すのに必死なのです。


ギミア・ぶれいくで世間の皆がダマされた、徳川の埋蔵金なんかじゃありません。
TBSっていうのはそういうことを平気でするテレビ局だと気づいたのは、もっと大人になってからでした。


自分の中で徳島は剣山にあるユダヤの秘宝を探すか、それとも帰雲城の埋蔵金を探すのか未だに順序は付けられていませんが、
虎視眈々と機会を狙っています。ですから、普段は天体観測したり、温泉に入ったりしながら、虎視眈々と埋蔵金を狙っているというのが正確です。


SH3F0044


帰雲城の跡地は推測でしかありませんので、この辺にあったのではないかという目安でしか記念碑は建てられていません。
一夜にして消滅した、鉱山師の一族の城、それが帰雲城です。


金なのか銀なのか、それを確かめるために水質調査などもスタートしました。


SH3F0046


最後に必要なのは神頼みであることは、平尾さんからの受け売りです。


SH3F0049


また、何かあれば近況報告します。