« | »

2014.09.11

防音リフォーム-ドラムセット設置完了

舌を出したまま寝ています。
20140911-1

こんにちは、平尾です。

先週、さっさとドラムセットを置いて壁紙は後から、ということを書きましたが、どうも壁紙は放っておくとのりが乾いて貼れなくなるということを耳にしたので先に貼ることにしました。
20140911-2

20140911-4

20140911-5
余っていたカーペットや畳を敷き、コンセント類も仕上げて仮完了。
壁紙がちょうど無くなったので天井は後回し。
畳やカーペットの配置も仮置きです。
作業中に小さい虫をちらほら見かけていたのでとりあえずバルサンも炊きました。

作業を始めたのは6/9ネイブのライブが終わって返ってきてからだったので、ちょうど三ヶ月ですね。

20140911-6
ちなみにその三ヶ月間の練習環境がこれ。
悲しすぎますなぁ…。
ライブやレコーディングがあったらこんな環境じゃやってられません。
暇だったから良かったといえば良かったのですが、確実に腕は鈍っているので来月のライブまでには体を仕上げねば…!

20140911-7
さっきまで作業をしていて、なんとか明日からメトロノームや音源は最低限流せる環境は組めました。
しかし肝心の防音性能の方はどうもイマイチなようで…。
母屋に住む家族に確認してもらったのですが、1階だと前よりちょっとマシといえばマシ。
2階は「なにか変わった?」って言われました…。
オーディオをフルテンで鳴らす分はほとんど聞こえなくんですが、ドラムの音は容赦なく突き抜けるようです。
やはりドラムの音を止めるには鉛かコンクリートのような重いものが必要なのかもしれません。

今まで早朝練習で練習パッドを使っていたのですが、どうしても早朝から生ドラムで練習したく、今回のリフォームを頑張ったので、とりあえず母に確認。
「朝からドラム叩いても大丈夫かなあ?」
「ええんちゃう?このへんの人みんな朝早いし」
…もしかして骨折り損か?
まあ夜中に大音量で音楽聴きたくなったらいつでも聴けるオーディオルームが出来たと思えばいいのでしょう。
よし、いつかプロジェクター買って大音量で映画見よう。うん、そうしよう。

外に向けては上記のような形です。
そして室内の環境も問題あり。
合板なので反響が凄い凄い。
壁紙貼ったらちょっとはマシになるかと思ったのですが屁のつっぱり程度にしかなりませんでした。
やはりスタジオの室内はパーティクルボードとかパンチカーペットが必要なんですかねぇ。
とりあえず壁紙を貼っていない天井に吸音材を張っていこうと思います。
それでマシになればそれでよし。
まだ足りないようであれば、せっかく苦労して貼った壁紙の上からパンチカーペットなり吸音材なり貼っていこうと思います。
壁紙を貼るスキルだけは身につけたので、それはそれで良しとしましょう。

というわけで三ヶ月にわたってお送りしてきた防音リフォームですが

『最終回じゃないぞよ。もうちょっとだけ続くんじゃ~』


平尾