« | »

2010.01.25

【◆1月25日の月曜日 週刊オッサン「阿守」】

日本時間ではそろそろ月曜日を迎えるころだろうか・・・
ボクは今、第二の故郷イタリアのミラノに里帰りしてます、自分の32才の誕生日を記念して
ずっと行ってみたかったミラノのスカラ座でヴェルディの歌劇「リゴレット」を鑑賞してきました。
(自分の誕生日にミラノで、スカラ座、そしてヴェルディとはなんという至福か!)

それにしても冬とはいえ、寒い!寒い!、もう一度言います、寒い!
ミラノに至っては曇っていることもあって最高気温が2℃(!)そして寒い。
そんな身体の寒さもスカラ座に入って、劇場でも一番いい意味で活気があり、
悪い意味で騒々しい*ロッジョーネに通されジェームズ・コンロンの卓越した
優雅な指揮を見ているとそんな寒さはすっかりと忘れてしまいました!

(*スカラ座は一貫して、バルコニー席の階上に余り裕福でない人でも
観劇できるようなガレリア席を設けている。ロッジョーネ(天井桟敷)と呼ばれる。
ロッジョーネへの入口は、通常の正面入口とは別に建物横に造られている。)

こんなに寒いのに、それでも外人はオープンカフェで
ストーブもつけずに葉巻をくゆらせ、コーヒーを飲んでいるのは
あっぱれの一言でありました。
ボクの知人で作業療法の権威、キヨカワ氏の名言が頭をよぎりました。
「私は外人になりたい」

外人になれないボクはすかさずカフェのスタッフに
テラスにストーブあるじゃないですか、お願いだから
ストーブに火を入れてみてください。と嘆願して、ことなきを得ました。

参考文献
Wikipedia
MSN 世界のお天気
ミラノ スカラ座オフィシャルHPスカラ座 西梅田店